ありがとうございました。   

これまで、私の英語の勉強におつきあいいただき
心よりお礼申し上げます。

皆さまの忙しさに比べたら、私のそれは取るに足らないものですが
定期的に英語日記をアップするのが、困難になりました。

最近では仕事が終わった後も、残務整理をしたり調べ物をしたりして
帰宅が12時近くになる日が続いています。

それが嫌ではなく、楽しいのです。
代わりに、ネットに向かう時間が減りました。

姑が施設にお世話になっています。先日、姑と一緒にいると
近くのテーブルで「死にたい、死にたい。」というご婦人がいらっしゃいました。

若いスタッフは「そんなこと言わないでね。」と、慰めていましたが
見かねて、私はそのご婦人を傍に連れてきてもらいました。
未来の私の姿かもしれず、私も泣きたくなりました。

姑と一緒に折り紙をしながら、そのご婦人のお話を聴きました。
「父も母も兄たちもみんな死んでしまった・・・誰も私には会いに来ない。生きててもしようがない。死にたいけどこんな身体では自分で死ぬこともできない・・・」と、話されました。

きれいな身なりをされていました。聴いているうちに娘さんがいらっしゃるとのこと。
「なんてお幸せなんでしょう。娘さんがいらっしゃって、会いにも来て下さって。」
お話を聴きながら「まあ、なんてお幸せ!」を連発していると、少し落ち着いて下さいました。

すると、もう一人のご婦人が「助けて下さい。助けて下さい。」と仰っているのが見えました。
そんなにご高齢にも見えず、お元気そうでした。見かねて、私はそのご婦人にも声をかけました。スタッフにお名前を聞くと、Nさんとおっしゃるのだとか。

「Nさ~ん。」とお声かけをして私がにっこりすると、Nさんはにっこり笑われました。
私が笑いかけている間じゅう、Nさんはほほ笑んでおられました。

姑とも話をして、皆さんとも話をして、時間があっという間に過ぎました。
姑の姿も、皆さんの姿も、すべて私の未来の姿。

仕事を止めたら、私は施設で皆さんのお話をもっと聴こうと思います。
そういうわけで、ネットに向かう時間が減りました。

皆さま、これまで本当にありがとうございました。
くれぐれもお体を大切にお過ごしくださいませ。


九州すずらんより
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-11-30 11:17

コアラ  日本の動物園にて   

英文 The Japan News より  
和文 九州すずらん訳


これは、日本の動物園のコアラの個体数が
ピーク時よりどんどん減少しているという新聞記事です。

原因はコアラの加齢と、新しいコアラが入ってこない状態での
交配によるものと考えられているようです。

我が子がまだ小さかった時、鹿児島の平川動物園に
当時珍しかったコアラを見に連れて行きました。

夏の暑い時で、汗をいっぱいかきました。
コアラがとてもかわいかったのを覚えています。

オーストラリアからはるばる日本に来てくれて
「ありがとう!」でした。

よかったら、皆さんの「動植物園・水族館の思い出」など教えてください。

下記の英文・和文はスル―して下さって結構です。

英文を写すのに、目がチラチラします。
晩ご飯食べて、ぼちぼち仕上げます。

よろしくお願いします。(*^_^*)



The number of koalas at zoos in Japan has fallen by more than half in the past 15 years, worrying zoo officials and fans of the critters that have attracted zoo visitors for nearly 30 years since their introduction to Japan.

日本の動物園で、コアラの個体数が過去15年において半数以上減っており、動物園職員や日本に輸入紹介されて以来ほぼ30年間、来園者を惹きつけてきたコアラのファン達を心配させています。

The number of koalas raised at eight zoos in Japan has dwindled to 40 as of Oct. 22, down from 96 in 1997. The decrease is largely attributed to the aging captive population of the marsupials and their inbreeding. Experts have noted cooperation with Australia—the animal’s native country—will be essential for boosting their numbers.

日本の8つの動物園で飼育されたコアラは、19997年の96頭から40頭までに減りました。(2013年10月22日調査時) その減少は主に動物園の有袋類の加齢と、近親交配にあると考えられています。

It was on Oct. 25, 1984, that koalas first arrived in Japan—six male koalas from Australia. Tama Zoological Park in Hino, Tokyo, Higashiyama Zoo and Botanical Gardens in Nagoya and Hirakawa Zoological Park in Kagoshima each received two koalas to raise. In 1985, seven female koalas were brought to Japan.

オーストラリアから6頭の雄コアラが日本に最初に到着したのは、1984年10月25日のこと。 東京・日野市の多摩動物公園、名古屋市の東山動植物園、鹿児島市の平川動物公園がそれぞれ2頭ずつ受け入れて飼育しました。1985年に7頭の雌コアラが日本に連れてこられました。

One of them gave birth to the first koala cub born in Japan the following year at Higashiyama Zoo.

それらのうちの1頭が翌年、東山動物園で日本初のコアラの赤ちゃんを出産しました。

Since then, koala breeding was successful for more than a decade until a decrease in the number of koalas became apparent in 2000. The pregnancy rate dropped, while many cubs died at birth or while they were young.

それ以来コアラの繁殖は、2000年にコアラの個体数の減少が明らかになるまで、10年以上もの間うまくいきました。妊娠率が低下し、同時に多くのコアラの赤ちゃんが、出生時か生まれてまもなく死亡しました。

、Masami Kurobe, deputy director of Higashiyama Zoo and Botanical Gardens, who played a central role in projects to help protect the spicies at the Japanese Association of Zoo and Aquariams, in Tokyo, said:"It is difficult to introduce new koalas since the Australian government has limited the export of the animals. It makes breeding difficult."

東京の日本動物園水族館協会で、種の保護を助ける仕事の中心的役割を果たした東山動植物園副園長・黒邉雅実氏は「オーストラリア政府が動物の輸出を制限しているので、新しいコアラを輸入するのは難しい。」と話しました。

Tama Zoological Park has only two koalas after a female koalas aged 2 years and two months died in September. There has been a dramatic decrease in koala numbers at the zoo, which had 10 koalas in 2000.

多摩動物公園には、2才2か月の雌コアラが9月に死亡したあと、2頭のコアラがいるだけです。2000年には10頭のコアラがいましたから、劇的ともいえるコアラ個体数の減少ぶりです。

According to the zoo, koalas reach breeding age when they are 4 to 8 years old. Koalas are said to be able to live as long as 15 years in captivity. The last two koalas that were brought to the zoo arrived in 1999.

動物園によれば、コアラは4才から8才までが繁殖期。動物園で飼われた状態では15年生きるとか。多摩動物園に連れてこられた最後の2頭のコアラは、1999年に到着しました。

Hirakawa Zoological Park in Kagoshima,which currently has eight koalas, was home to 27 koalas in 1997. The city's mayor, Hiroyuki Mori, worked hard to secure the koalas, through efforts such as inviting a zoo official in charge of caring for koalas from Queensland, Australia.

鹿児島市の平川動物公園には、現在のところ8頭のコアラがいます。1997年には27頭のコアラがいた所でした。市長の森博幸氏はオーストラリア・クイーンズランドから動物園のコアラ担当職員を招くなど、コアラを確保する懸命の努力をしました

The city is expected to receive three koalas as early as next year. It took the city 4 years to bring about this result.

鹿児島市は早くも来年、3頭のコアラを受け入れる予定です。
市がこの結果をもたらすまで4年かかりました。


※ 10月22日調査時におけるコアラの数  計40

埼玉県こども動物自然公園(埼玉県・東松山市) 4     多摩動物公園(東京都・日野市) 2
金沢動物園(横浜市・金沢区) 5                東山動植物園(名古屋市) 7
神戸王子動物園(神戸市) 3                  天王寺動物園(大阪市) 3 
淡路ファームパークイングランドの丘(兵庫県・南あわじ市) 8   
平川動物公園(鹿児島市) 8

[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-11-17 16:59

左手で歯磨き   

I am right handed, but recently I brush my teeth with my left hand. Why? To train my left hand. Why? To play the piano well. I have been suffering from practicing the "Burgmuller 25 etudes". I am practicing the 12th now. I brushed my teeth with my left hand one day, and then I noticed my left fingers moved smoothly when I played the piano. That is why it takes a little bit longer for me to brush my teeth. Why? Because it is not easy to brush my teeth with my non-dominant hand! Which is your dominant hand?

私は右利きですが
最近、左手で歯磨きをしています。

なぜ?
    
左手を鍛えるためです。

なぜ? 
   
ピアノを上手に弾くためです。

「ブルグミュラ― 25の練習曲」の練習に、苦労してます。今、12番目を練習中。ある日、左手で歯を磨いたら、ピアノを弾く時、左指がなめらかに動くことに気がつきました。そういうわけで、歯を磨くのにちょっと長く時間がかかります。

なぜ?   

だって、利き手じゃないほうで歯を磨くのは
ラクじゃないですから。

皆さんの利き手はどちらですか。
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-11-10 21:13

水俣病のこと   

The Japan News より  (九州すずらん訳)

長くなりますが、おつき合いいただければ嬉しいです。

For more than half of her life, Fujie Sakamoto has been forced to live in agony because of Minamata disease. “If it were not for Minamata disease, I could have lived peacefully by the sea,” the 88-year-old said.

人生の半分以上、坂本ふじえさん(88才)は水俣病に苦しむ生活を強いられています。
「もし水俣病がなかったら、私は海のそばで穏やかに暮らしていたでしょう。」
と、話しました。

All four of her family members, including her late husband and their eldest daughter, who died young, are officially recognized as patients of the disease.The disease is neurological poisoning caused from eating seafood contaminated with methyl mercury industrial waste water. Regarded as the nation’s first major pollution problem, the disease was officially recognized in Minamata in 1956.

亡き夫と長女を含む家族4人は、公式に水俣病患者として認定されています。
2人は若くして亡くなりました。水俣病は、メチル水銀産業排水で汚染された魚介類を食べることによってひきおこされる神経中毒です。国の最も深刻な公害問題として注目をあび、1956年に公式認定されました。

Seeking official recognition as patients of the disease, victims have filed one suit to another against Chisso Corp., a chemical company blamed for causing the disease. In 1995, the government attempted a political settlement such as offering sufferers lump-sum payments.

水俣病患者公式認定を求め、患者たちは次々とチッソに対して訴訟を起こしています。
チッソは水俣病を引き起こした責任を追及された化学薬品会社です。1995年に、政府は患者に一括払いで補償金を支払う提案をして、政治決着しようとしました。

However, the Supreme Court handed down a ruling in 2004 that found the government responsible for the outbreak of the disease. Following the ruling, the number of victims seeking to be recognized as Minamata disease patients soared.

しかし、最高裁は、水俣病発生には政府の責任が明らかだという裁決を2004年に下しました。裁決に引き続き、水俣病患者認定を求める犠牲者の数が急激に膨れ上がりました。

The law concerning relief measures for Minamata disease victims was enacted in 2009. About 65,000 people, including patients of Minamata disease in Niigata Prefecture, have applied for recognition to become eligible for compensation and financial aid.

水俣病犠牲者のための救済措置に関する法律が、2009年に制定されました。新潟県の水俣病患者を含め約65000人が補償金と生活保障を求め、認定患者申請を行いました。

Sakamoto’s husband, Takeyoshi, was a Chisso employee. In the summer of 1953, the couple had their first child, Mayumi.Around that time, mysterious deaths of cats were reported in Minamata after the cats became unable to walk. The couple never imagined the deaths were caused by mercury in fish from Minamata Bay.

坂本さんの夫、たけよしさんは、チッソの従業員でした。1953年の夏、夫妻には長女のまゆみさんが生まれました。その頃、水俣では歩けなくなった後に死ぬという、猫の奇妙な死が報告されていました。夫妻はその猫の死が、水俣湾でとれる魚に含まれる水銀によって引き起こされているとは、よもや想像だにしませんでした。

Mayumi, meanwhile, began stumbling and crying in the summer of 1956, just before turning 3. In May that year, Minamata disease was officially recognized, but the cause of Mayumi’s symptoms remained unknown at that time. A month after falling sick, Mayumi lost her eyesight. She then began having difficulties in walking, speaking and eating.

まゆみさんは、その間にも、よろけたり叫び声をあげたりするようになりました。1956年の夏、ちょうど3才になる前のことです。その年の5月に水俣病が公式認定されました。しかし、まゆみさんの症状の原因は、その当時、依然として不明のままでした。病に倒れて1か月、まゆみさんは視力を失いました。まゆみさんはその頃、歩くことも話すことも食べることも困難になり始めました。

“She collapsed every day and looked as weak as a doll,” Sakamoto said.Mayumi died at the age of 4years and 5 months. Sakamoto filed a group suit against Chisso to seek compensation. In 1973, the Kumamoto District Court ordered the company to pay from 16 million to 18 million per patient.

「娘は毎日だらりと横になって、人形のように弱々しく見えました。」と、坂本さんは言いました。まゆみさんは4才5か月で死にました。坂本さんは補償を求め、チッソに対して団体訴訟を起こしました。1973年に熊本地裁は、患者一人につき1600万円から1800万円を支払うよう会社に命じました。

Soon after the court decision, Sakamoto visited the company’s headquarters in Tokyo because she wanted to prod the firm to pay compensation to victims who were not plaintiffs of the suit.

地裁判決の後しばらくして、訴訟の原告ではなかった犠牲者にも補償金を支払うよう企業を駆り立てたかったので、坂本さんは東京のチッソ本社を訪ねました。

“Chisso’s excecutives at that time were cold. Their attitude was like,’Why don’t you let it go because we’ve already paid,’” she recalled. “With feelings of anger and pity building up, I threw back their money and said to them, ’Here’s your money back. Now bring Mayumi back to life.’”

「会社重役たちは、そのとき冷たかったですよ。あの人たちの態度は『自分たちはすでに支払ったのだから、もうおしまいにしたらどうですか。』みたいな感じでした。」と、坂本さんは思い出を話しました。「怒りと口惜しい気持ちがわきおこり、私はお金を投げ返して重役たちに言いました。『ホラ、お金は返した。さあ、まゆみの命を返せ』って。」

"Some people believe anything can be settled with money. I believe such thinking leads to pollution problems,” she added. Sakamoto also said, “ We can’t prevent these problems unless companies and governments around the world give serious consideration to the lives of people invulnerable positions.”

「何でもお金で解決されると信じている人たちがいます。そんな考えが、公害問題に至らしめるんだと思います。」と、坂本さんは言い添えました。坂本さんはまた言いました。「もし世界じゅうの会社と政府が人間の命ほど大切なものはないのだと本気で考えないなら、私たちは公害問題を防ぐことはできません。」と。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まゆみさんは、私と同じ年齢です。
私はたまたまこうやって、今の年齢まで生きています。

まゆみさんは、生きられませんでした。

子どもの頃、水俣病のことを知ってからずっと
重い気持ちを抱えていました。同じ熊本県内に住む者として。

新聞・テレビで見る「坂本しのぶさん」は
まゆみさんの妹です。

「しのぶさん、がんばって。」と、私は心の中で
いつも言っています。
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-11-02 22:30

寿命それぞれ   

I bought three "akahire," white cloud mountain minnows, whose trade name is "coppi," one year ago. They said it was a fish that was adaptable to low water temperatures and water with a shortage of oxygen, so it was easy to keep. However, one of them died this August, the second one died in September, and finally the last one died this month. In the end, they lived for just a year at my house. By the way, actress Kazuko Yoshiyuki, who now acts in the NHK morning drama "Gochisoosan (That was a wonderful meal)", lives with her mother, Aguri Yoshiyuki, who is one hundred and six years old. The daughter is still an actress who cannot be ignored, and the mother is over one hundred years old and still well. That's great!

一年前、「コッピー」という商品名の「アカヒレ」を三匹買いました。

低水温にも酸素の少ない水にも適応し、飼いやすいと言われていました。

けれど、そのうちの1匹が今年の8月に死に
2匹目が9月に死に、ついに最後の1匹が今月死にました。

結局、コッピー君たちは我が家で1年間だけ生きました。

ところで、女優・吉行和子さんは
今、NHKの朝ドラ「ごちそうさん」に出ていますが

母親の吉行あぐりさん・106才と一緒に暮らしています。

娘は今なお存在感のある女優で、母親は100才を越えて今も元気。

すごいな!



※ ヒロインの祖母役・吉行さんは、ドラマ上では亡くなり
   面白いことに、ぬか床(声)役になっています。
 
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-10-28 13:59

イタリア人の…   

It is warmer than last year, but it is surely autumn now. The height of the sun has gotten lower and the sunlight has entered at the corner of the room through the window. And, I began to see the dust which I did not care about until now. Oh, no. By the way, some time ago I watched on TV a Japanese woman in Italy who has an Italian husband. He was an extremely tidy man though he himself did not do any cleaning. She vacuumed the rooms, polished the doorknobs and furniture and the washstand, and wiped light bulbs and tables. He checked her work EVERY DAY. And she ironed his shirts, JEANS, SOCKS and even floor cloths every day. She complained about her husband's demands, but was doing housekeeping all day long. My husband has looked very considerate since then. That is why I clean the house a little bit every day, saying to myself, "I'm lucky as my husband isn't an Italian."

昨年よりは暖かいですが、もう確実に秋です。
太陽高度がだんだん低くなり、陽光が窓から部屋の奥まで入ってきます。

すると、今まで気にならなかったホコリが見えるようになりました。
あらま、イヤだ・・・

ところで、しばらく前、イタリア人と結婚してイタリアに住んでいる
日本人女性をテレビで見ました。

ご主人は自分では掃除しないのに、大変なきれい好き。

奥さんは各部屋に掃除機をかけ、ドアノブや家具や洗面台を磨き
電球やテーブルを拭いていました。

ご主人は奥さんの掃除を、毎日チェック。奥さんはご主人のシャツやジーンズソックスや雑巾にまでアイロンをかけてました。

ご主人の要求にブツブツ文句を言いながらも、一日中、家事をやっていました。
その日から、我が夫が思いやり深い人に見えます。

そういうわけで、私は毎日チョットずつ家の掃除をしています。
夫がイタリア人でなくてよかったと、独り言を言いながら。
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-10-21 13:51

台風24号   

As the weather forecast said the day before yesterday that the big typhoon No.24 was approaching Kyushu, all elementary and junior high schools in my city were closed yesterday. My acquaintance's husband put all flowerpots in front of the front door inside the house at once. Another acquaintance also finished her errands in the morning and she didn't go out in the afternoon. My husband cleared small things under the eaves like flowerpots and garden trowels and so on, so that they would not be blown off in a gale. And he laid his bicycle down on the ground. It was just cloudy but the street was not as busy as usual all day long. As we experienced a big typhoon many times before, we called it the calm before the storm. In the end, the typhoon did not hit my city, and we spent a calm night. However, I think it was good for us to be conscious of disaster prevention. Do not underestimate the rage of a typhoon. Right?

一昨日の天気予報で、大型の台風24号が九州に近づいているということだったので
昨日、市内の全小中学校は休校でした。

知人のご主人はすぐに玄関前の植木鉢を全て、家の中に入れました。
別の知人はまた、午前中に用事を全部すませ、午後は出かけませんでした。

夫は、軒下の植木鉢や移植ゴテなどのような小さなものが
風で飛ばされないように片付けました。 

自転車は地面に寝かせました。

一日中曇ってるだけでしたが、通りはいつもほど車が多くはなく。

私たちは以前、何度も大きな台風を経験しているので
これを嵐の前の静けさ?と言いました。

結局は、台風は我が市を襲わず、静かな夜を過ごしました。
けれど、私たちが防災意識を持ったことは、良かったと思います。

台風の猛威をナメてはいけません。
・・・ですよね?
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-10-09 23:25

里芋のみそ汁   

I was disappointed to find that the miso soup I cooked the night before went bad. I should have put it in the fridge. I was careless because it has already been autumn-like weather. As I bought fresh taro at a local "Michinoeki" roadside station, I made a lot of miso soup that day. It was as good as I expected. One of the materials, ”age”, the thin slice of deep-fried tofu could have gone bad easily. And besides, the beating sun which is not fitting for autumn had flooded in the kitchen when I entered it the next morning. When I told the story to a junior high student, he said, "I don't want to eat miso soup just once a week, so, keeping it in the fridge is hard to visualize for me." He doesn't? OK, I understand his feeling. However, I will buy fresh taro again.

前夜作った味噌汁が腐ってて、ガッカリ。
冷蔵庫に保存すべきでした。

すでに秋らしい気候で、油断してたと思います。

地元の「道の駅」で新鮮な里芋を買ったので
その日、味噌汁をたくさん作りました。 予想通り、おいしかったです。

具材のひとつ、アゲが腐りやすかったかも。
そのうえ、翌朝台所に行くと、秋とは思えない強い日差しがすでにいっぱいで。

その話を中学生にすると

「オレ、1週間に1度しか味噌汁食べたいって思わないんで
冷蔵庫に味噌汁を保存するとかイメージしにくいっす。」って・・・

そうなのね。 気持ちはわかる。

だけど、私はまた、新鮮な里芋買いますよ。(^_-)-☆
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-09-26 14:33

あなたに会うために   

" I'm home. I've come home to meet you, darling." "Have you? I was also looking forward eagerly for your return." This is the set phrase for my husband and me when I usually come home. This dialog may sound like a third-class drama, but it is true that the dialog makes our relationship peaceful. The couple who have been married for a long time, like us need kindhearted conversation. That is why I try to be like a third-class actress every day. Though I could not say, "I cannot live without you" when I was younger, I can say that smoothly now. How about you, my friends?

「ただいま。あなたに会うために帰ってきましたよ。」

「え? オレもキミの帰りを楽しみに待っていたよ。」

私が帰宅する時に交わされる、夫婦の決まり文句。
まるで三流ドラマですが、この会話のおかげで穏やかな空気が流れます。

結婚生活が長くなると、心優しい会話が必要になります。
そういうわけで、三流女優を心がけてる日々。

若い時には「あなたなしでは生きていけない。」なんて言えなかったけれど
今ではさらりと言えます。

皆さんはいかがですか。 (^_-)-☆
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-09-21 16:08

還暦   

My children held a celebration for me on my 60th birthday. They invited my husband and me to Takeo hot springs in Saga prefecture. We stayed overnight there. I was very shy to put on "akai chanchanko" :a red padded sleeveless kimono jacket to have my 60th birthday celebrated, but I had it put on quickly by my daughter at dinner and had a picture taken by my family. My son and his wife and my daughter and her husband and even my husband, they each took a picture of me, telling me, "Say cheese, please." It was as if I were a movie star. My grandson handed me presents from all of them, and besides, hotel employees also gave me a message card. I spent a blissful time that night.

子どもたちが、私の還暦祝いをしてくれました。
佐賀県の武雄温泉に、夫と私を招待。

みんなと一緒にそこで一泊しました。還暦を祝ってもらうのに「赤いちゃんちゃんこ」を
着るのはとても恥ずかしかったけれど

夕食時にあれよあれよという間に娘に着せられ
家族が私を写真撮影。

息子と嫁、娘と娘婿、それに夫までもが「はい、チーズ。」と言いながら
それぞれに私を撮影。まるで映画スター。

孫が皆からのプレゼントを私に、はい、どうぞ。
そのうえ、ホテルの従業員の皆様からもメッセージカード。

その夜、私は至福のひとときを過ごしました。

f0163810_21182531.jpg


自分がメインのイベントは、どうも苦手です・・・
けれど、貴重な休日を丸2日私のために使ってくれ、心底感激しました。

こんなに祝ってもらったんだもの
よし、少しでも家族の役に立とう!と心に誓いました。
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-09-16 21:26

マンゴー 花の詩画集より   

f0163810_03356.jpg


I give way to rain.
I give way to wind.
I give way to summer heat.
I can't do anything,
even though there is a sick person in the east,
and even though there is someone who is in troubble in the west.

I want to be strong. So I take care of myself and eat healthy food.
I like delicious things.
I don't like things that are not delicious.

I want money.
I want clothes.
I'm that kind of person.
I'm lying in bed on my back.

雨ニモ負ケテ 風ニモ負ケテ
夏ノ暑サニモ負ケテ
東ニ病気ノ人ガイテモ
西ニ困ッテイル人ガイテモ
ナニモシナイ

丈夫ナ身体ニナリタクテ
健康食品ニ気ヲクバリ
ウマイモノガ好キデ
マズイモノガ嫌イ

オカネモホシイ
着物モホシイ
ソンナ私ガ仰向ケニネテイル  (星野富弘著:花の詩画集 花よりも小さく)



「雨にも負けて 風にも負けて・・・」
「負けて…負けて」が気に入って、引用させてもらいました。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

秋の風が吹き始めましたね・・・
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-08-30 00:00

スイカ   

I have written that my husband likes watermelons very much, and he often buys watermelons this summer, too. He eats them at breakfast and lunch and dinner for salad. As I do not have to make salad, it is very easy to prepare meals. It is ready just by cutting the watermelon! By the way, at the shop he dropped a watermelon when he tried to put it in a net bag nicely before he decided to buy it or not. If the watermelon was a basketball, it would have bounced lightly, but the watermelon broke heavily on the floor. Oh no! A kind woman clerk came to us quickly and began to clean the floor, and she was protective toward us to say " The watermelon itself fell from the shelf, didn't it?"To tell the truth, the watermelon was not in the net bag properly on the shelf and was unsteady to carry. However I told her,"I'll take this one." A big broken watermelon, 980 yen. That is why we ate broken watermelon to our heart's content with a spoon at home. Very good! And he also bought another watermelon. By the end of August, he may become Watermelon Man.

夫が大のスイカ好きということは、以前書いたことがありますが
今夏もしょっちゅうスイカを買ってきます。

朝も昼も夜も、サラダの代わりみたいにして食べてます。
私はサラダを作る必要がなくて、食事の準備はとても簡単です。

スイカを切るだけで、はい、サラダ!

ところで、店でどれを買おうか決めかねている時、きちんとネットにおさまっていなかったスイカをネットに入れようとして、夫はスイカを落としました。

もし、そのスイカがバスケットボールだったら、軽くバウンドしたでしょうが
スイカは床でドテッと割れました。どうしましょ。

見るからに親切そうな店員さんがすぐにやってきて床を掃除し
私たちをかばうように言いました。

「スイカが棚から落ちたんですよね。」

実を言うと、スイカはネットにうまくおさまってなくて、手で扱うには不安定だった・・・
けれど、私は言いました。「それ、買います。」

割れた大きなスイカ、980円。
そういうわけで、夫と私は家に帰って思う存分、割れたスイカをスプーンですくって食べました。

おいしかった!

で、夫はまたまた、スイカを買ってきました。
8月の終わりまでには、夫は「スイカ男」になるかも。



皆さま、いかがお過ごしですか。

残暑お見舞い申し上げます。
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-08-21 13:26

31アイスクリーム   

I went to a local "31 ice-cream shop" the other day. It was probably my first experience, I suppose. I invited my husband there to tell him "I'll buy you an ice-cream", but I did not know how to order it at the shop. When I asked the young shop clerk how I should order ice-cream, she showed me a board with the pictures of ice-cream and advised me to choose one of them first. She also recommended the one in the center picture. It was the cheapest of the three, 320 yen. I agreed with her, and next decided the type of cone or cup. Finally I chose two kinds of ice-cream. The clerk scooped into the crisp cone the lemon sherbet and the "dainagon azuki " I chose. How was the taste? Well, the selection of the dainagon azuki was a mistake, because it was too sweet for me. I drank bitter coffee as soon as I returned home.

先日、地元の「31アイスクリーム」に行きました。
ひょっとすると、初めての体験だったかなと思うんですが。

「アイスクリーム、おごるよ。」って言って夫を誘ったものの
店内にて、私は注文の仕方を知らないのでした。

若い店員さんにどうやって注文するのかを尋ねると、アイスクリームの絵のついたボードを見せ
まずそれらのうちの1つを選んでと言われました。

彼女はまた、真ん中の絵のアイスクリームを勧めました。
3つの中で一番安くて320円。

あ、それでいいですって言って、次にコーンかカップかを決めるのでした。
最後に2種類のアイスクリームを選びました。

店員さんは私が選んだレモンシャーベットと大納言小豆を
カリカリクッキーコーンに入れてくれました。

お味はどうだったかって? 
うーん、私には甘すぎたので、大納言小豆を選んだのは失敗。

家に帰ってすぐに、苦いコーヒーを飲みました。

f0163810_22355546.jpg


若い友人にこのことを話したら
「次回はぜひ〇〇△△××を試して下さい。」と言われたけれど

耳慣れない商品名なので、忘れてしまいましたよん。(^^;)
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-08-11 22:37

玄関先で   

My friend brought me pumpkins and potatoes which her husband grew. He started to grow vegetables after he retired, and he is very good at it. They live in the mountains. When I visited their house several years ago, the field near their house was filled with various kinds of vegetables.She does not have to buy vegetables for cooking, so she buys only fish and meat. By the way, I saw her for the first time in a year, and I was much pleased at meeting her again, patting her arms. Her naked arms out of the sleeveless blouse are always healthy and enchanting. Just then I noticed a motor bike over her shoulder. I was astonished at it and asked her,"Did you come by motor bike?" Her house is far from my house. "No, my husband has driven me and he is parking over there ", said she. The motor bike was the gas fee collector's. She is also my acquaintance and I did not notice she was reading a gas meter at the back of the house then. I gave a share of pumpkins to her at once. Just after that I went out. Please Try to imagine the busy front door of my house one morning, everyone.

ご主人が育てたカボチャとじゃがいもを、友人が持ってきてくれました。
退職後に始めたという野菜作り、ご主人はとても上手。

2人して山間部に住んでいます。
数年前家を訪れた時、自宅近くの畑はいろんな種類の野菜でいっぱいでした。
というわけで、友人は魚と肉を買うだけでよく、野菜を買う必要がありません。

ところで、友人とは一年ぶり。
会えたことが嬉しくて、彼女の両腕をパタパタ叩きました。

彼女のノースリーブから伸びた腕は、いつも健康的で魅力的。
ちょうどその時、彼女の肩越し見えるバイクに気づきました。

ビックリ仰天で聞きました。「バイクで来たの?」
友人の家は我が家から遠いです。

「ううん、ダンナに送ってもらった、車はあっちに停めてある。」
ガス集金人さんのバイクでした。

私は彼女とも知り合いで、来たことに気づかず
家の裏手にまわって、ガスメーターを読んでいるところでした。

彼女にもその場でおすそわけ。
直後に私は用事があって出かけました。

皆さま、ある朝の我が家の慌ただしい玄関先を
想像してみてくださいね。

f0163810_15155142.jpg


カボチャをくれた友人は、前夜に電話をくれ
翌日は私が出かけるのを知っていて、玄関先に置いておくからと言ってました。

だけど、私は友人に会いたかった・・・皆さまにお見せしたいくらいの
美しい二の腕の持ち主。私と年齢がいっしょ!

ガスの集金をしている知人は、彼女の集金を待っていてくれるお年寄りがいる間は
集金の仕事を続けると言っています。

カボチャとじゃがいも以外の野菜は、その日の夕方
別の知人からもらいました。

皆さま、八代(やつしろ)をよろしく!
八代亜紀の故郷です。 (*^_^*)
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-08-04 14:46

すぐやる課:夏の家事   

When the establishing of "Suguyaru Ka: Do-it-now Section" became news several years ago, citizens were dissatisfied with the service by city hall or town hall employees. The issues which citizens asked for have come to be solved quickly since the "Do-it-now Section" was established, I suppose. By the way, I wash the dishes as soon as we finish meals especially during summer. It is the housework version of the "Do-it-now Section". Nobody in my family complains even if I do not finish the housework, but I myself am comfortable when I quickly finish the housework. Now, the well-water at home is very, very cold. Even the water tap is cold as if it is freezing. I dry things including futon, Japanese cushions, slippers, shoes and so on outside under the flaming sun. After that I do housework inside using cold water. What a happy summer life I am spending!

「すぐやる課」設置が、数年前ニュースになったとき
住民は市役所や町役場職員の仕事ぶりが不満でした。

「すぐやる課」設置以来、住民が要求した問題は
すぐに解決されるようになったと思います。

ところで、我が家では特に夏の間は食事が終わるとすぐに
皿を洗います。「すぐやる課」の家事版です。

たとえ私が家事を終えなくても、家族の誰も文句を言いませんが
手早く家事を片付けると、私自身が気持ちいい・・・

今、我が家の井戸水はものすごく冷たいです。
水道の蛇口でさえ、凍っているかのように冷たい・・・

炎天のもとで、布団や座布団やスリッパ、靴などを外に干します。
その後、家の中で冷たい水を使って家事をします。

何て楽しい夏の暮らし!

f0163810_11352516.jpg



※ この日記、実は6日前の日曜日に書いたもの。
  アップする時間がなくてそのままにしていたら、昨日より雨もよう。

  東日本では水被害も出ているようす。お見舞い申し上げます。


  おまけに歯痛です。
  「夏だぜ!」の先週がよかったな・・・




  
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-07-27 16:11

なないろパン工房    

One of my former students works at a local bakery, "Nanairopan Kobo," which was established for disabled people. They learn how to make bread from a professional bakery and work there. "Nanairopan Kobo" is in an area far from downtown, so the bread is sold from a mobile shop. She delivers bread to customers by car. I have been buying bread from her since I learned how she has been working. When I order by email the night before, she delivers bread to my house the next day on her way back home. Her house is not so far from mine. Her elder sister and brother were my former students. Her elder sister has three children, and sends me a New Year card every year in which her family members' photo is printed. Anyway the bread is delicious and safe, so I order from her whenever I need a gift to take to a friend. I like giving gifts to my friends which have a story better than gifts with no story. That's why I recently took Nanairopan Kobo's bread to a friend

卒塾生の1人が、障害者の人たちのために作られた地元のパン屋
「なないろパン工房」で働いています。

障害者の人たちが、プロのパン職人さんからパンの作り方を習い
そこで働いています。

「なないろパン工房」は町から離れた所にあるので
パンは車での移動販売。

卒塾生は車でお得意さんに、パンを配達しています。
彼女の近況を知ってからずっと、私は彼女からパンを購入。

前日の夜にメールで注文すると、翌日、帰宅途中に我が家に届けてくれます。
彼女の家は、我が家からそんなに遠くありません。

彼女のお姉ちゃんもお兄ちゃんも、卒塾生。

お姉ちゃんには3人の子どもがいて
毎年、家族写真付きの年賀状をくれます。

なないろ工房のパンはおいしくて安全なので
友だちにお土産をもっていく時はいつも、彼女に注文。 

語る話のないプレゼントより
語る話のあるプレゼントを贈るのが好き。

そういうわけで、つい先ごろ
なないろ工房のパンを、友だちに持っていきました。

f0163810_233897.jpg

[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-07-20 23:04

墓花   

I cleaned our grave and changed the withered sakaki tree leaves for fresh ones under the flaming sun yesterday. I usually put fresh sakaki tree leaves on the grave once a month, but in summer they quickly wither. The sakaki tree leaves I put in two weeks ago were becoming brown. I was all in a sweat. I do not like the graveyard at night, but I do not dislike it in the daytime. I was standing there alone. My husband was not at home because he took part in the memorial service for his aunt's husband. I continued to pray while incense sticks were burning. I suppose it took at least two minutes. I always have many things to pray about, so I do not care how many minutes pass. However, my husband joked with me and said that passers-by might have misunderstood me as a bad person who needed to confess myself a lot to our ancestors. I felt refreshed when I saw the green sakaki tree leaves I put on the grave.

昨日の炎天下、我が家の墓掃除をして、枯れた榊を
新しい榊に替えました。

ふだんはひと月に一度、新しい榊をお墓に供えますが
夏はすぐに枯れてしまいます。

2週間前に供えた榊は、茶色になっていました。
私は全身汗だく。

夜の墓地は好きじゃないですが、昼間の墓地は嫌いじゃないです。
1人で墓地に立っていました。 夫は叔母の夫の法事に出かけて、留守。

線香が燃えている間ずっと、私は拝んでいました。
少なくとも、2分はかかったかも。

いつも拝むことがたくさんあるので、何分過ぎようが気になりません。

けれど、夫が私を茶化して言うには
通りがかった人たちは、私が悪いことをしてご先祖さまに
たくさん懺悔する必要があったんだと誤解したかもしれないよ、って。

お墓に供えた緑の榊を見て、私は元気になりました。

f0163810_2174383.jpg


近所のお店に、墓花として売られています。

f0163810_2174270.jpg


我が家にも植えてはあるけれど、1か月に1~2度のペースに
枝葉の再生が間に合いません。

お墓で気持ちが安らぐなんて
嫁いだ当初は思ってもみなかったこと。

墓守が似合う年齢になりました。
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-07-15 21:08

梅雨明け   

According to the newspaper, the Fukuoka district meteorological observatory announced that in the northern area of Kyushu, including Kumamoto prefecture, the rainy season ended in the morning on July 8. That is eleven days earlier than usual and fifteen days earlier than last year. It also said the power of the Pacific high pressure area will become strong, and there would be clear weather for a week. The Kumamoto district meteorological observatory also announced that the rainfall from May 27 to July 7 in Kumamoto prefecture was 65%~89% less than usual and not so much rain fell this rainy season. By the way, I am glad to not to be washed away by a flood, but I am afraid of the lack of water in high summer. In Kumamoto prefecture recently at least twenty three people were transported in a emergency to hospitals in one day because of heat-related illnesses, said news. The hot summer has come! Take good care of yourself so as not to get a heat-related illness, everyone.

新聞報道によると、福岡管区気象台は7月8日午前
熊本県を含む九州北部が、梅雨明けしたと発表しました。

平年より11日、昨年より15日早いです。
太平洋高気圧の勢力が強まり、梅雨明け後1週間は晴天が続く見込みとのこと。

熊本地方気象台はまた、5月27日から7月7日までの降水量は
平年の65~89パーセントで、今年は雨の少ない梅雨だったと発表しました。

ところで、洪水に流されずにすみよかったけれど
真夏の水不足が心配です。

熊本県内で、少なくとも23人が熱中症の疑いで病院に救急搬送されたと
ある日のニュースで言ってました。

暑い夏がやってきました!

皆さま、どうぞ熱中症にならないよう
お大事になさってください。

f0163810_13132497.jpg


睡眠不足にならないよう、心がけてます。
用事があって友人に今朝8時半に電話をし、9時に会ってきました。

八代は今、緑の山々がとてもきれいです。
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-07-11 12:22

長持ちブラウス   

When I met my daughter the other day, she was astonished to see my blouse. She said I have worn the blouse since she was in the second grade of elementary school. Have I done so? Do not be astonished at such a thing, Daughter. It has been a great convenience to keep it. In fact, I have worn it since before she was born. Especially, it is convenient in summer to block out the sun and the coldness of the air conditioner. The blouse made from Tetron is also useful to carry because it is light and hard to wrinkle. So I used to put it in my bag whenever I traveled. My long- lasting blouse! By the way, my daughter laughed at the way of my wearing has never changed for a long time. The unchangeable way of my wearing the blouse? I tie the lower part of the blouse in a bow without buttoning it up. This is the best way because it is too long for me. It's funny, isn't it?

先日、娘に会った時、私のブラウスを見て驚いてました。
娘が言うには、娘が小学2年生の時からずっと私はそのブラウスを着てるのだとか。

あら、そうだっけ?
娘よ、そんなことに驚かないでね。

それ持ってると、ものすごく便利。
ホントは娘が生まれる前からずっと、着てます。

太陽の熱やエアコンの冷えから体を守るのに
特に夏に便利。 軽くてシワになりにくく、テトロン製のブラウスは
持ち運びにも便利です。

旅行する時はいつも、バッグに入れてたモンです。
なんて長持ちするんだろ、私のブラウス。

ところで、娘は私のブラウスの着方が全く変わってないって
笑ってました。 ブラウスの着方が変わってない?

ボタンを留めずに、ブラウスの下のほうで蝶々結び。
私にはちょっと長すぎるブラウスなんで、これがいちばん着やすい・・・

おかしいかな?

f0163810_2283221.jpg


汚れも目立たないので、夏に重宝してます。
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-07-07 22:09

ピアノ   

I take piano lesson twice a month. And, I have been suffering from practicing the "Burgmuller 25 etudes". Especially the eighth etude " La gracieuse" was hard for me. Though I could play it slowly, as soon as I changed the speed just a little, I became a bad player. Oh,no! I was sad to look at my fingers which did not work smoothly. My piano teacher is very nice and praises me every time so as not to discourage me. However, the tenth etude "Tendre fleur " which I am practicing now is comparatively easy for me. The fingers of both my hands work well. Too good to be true! Happiness and sadness come to my heart alternately. Rightly or wrongly, my blood circulates through the body hard during twenty or thirty minutes a day. When our domestic condition changes sooner or later, I will not have time to play the piano. Until then, I am going to enjoy practicing. Phew!

ひと月に2回、ピアノレッスン受けてます。
で、「ブルグミュラー 25の練習曲」の練習に、苦しんでいます。

特に8番目の「優しく美しく」は、私には難しかった・・・
ゆっくりには弾けても、ちょっと速さを変えただけでうまく弾けず。

困った、困った!なめらかに動かない自分の指を見て、悲しいのなんの。
先生はとても優しい方で、私がガッカリしないよう毎回褒めて下さいました。

ところが、今練習している10番目の「やさしい花」は、私には比較的簡単。
両手の指がうまく動きます。 嘘みたいです!

喜んだり悲しんだりの気持ちを、交互に味わうことに。
いずれにしても、私の血液は1日20~30分、激しく身体じゅうを駆け巡ります。

遅かれ早かれ家庭の事情が変われば
私はピアノを弾いてるどころではありません。

それまで、楽しんで練習しようと思います。ふう~。(^^;)

f0163810_2343439.jpg


年齢のわりには指がよく動くそうです。
お世辞です。

「優しく美しく」と格闘している?とき
この時間を他に使った方がいいのではないかと、思ったりもしました。

家庭の事情が許す間のピアノ練習。
もうちょっと、続けてみます。
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-07-03 00:01

野菜ジュース   

I had noticed a PET bottle of vegetable juice at the bottom of the vegetable section of our refrigerator for about two months. As I am not interested in any kind of vegetable juice, I left it. Packs of vegetable juice are also bought by my husband and are drunk by him almost every day. Whenever I am thirsty, I drink plain hot water or, especially lately, coffee for caffeine ingestion, so I do not want to drink vegetable juice though my husband often recommends I drink it. That's why the PET bottle in the vegetable section was left for a long time. Unfortunately my husband had forgotten the bottle in the refrigerator because he bought new packs one after another, though he remembered it at the beginning. Finally a week ago I checked the best by date: April 29,2013. What a waste! He smelled it, tried to lick it cautiously and began to drink it. Only this time I helped him to drink the vegetable juice. The taste? I still prefer plain hot water.

およそ2か月ほど、我が家の冷蔵庫の野菜室の底に
ペットボトル入り野菜ジュースがあるのを、ずっと知ってました。

野菜ジュースはっていうか、ジュース類は好きじゃないので
私はそのまま放置。

パック入りの野菜ジュースも夫が買ってきて、ほぼ毎日、自分で飲んでいます。
私はといえば、喉が渇いた時はいつも白湯か、最近は特にカフェイン摂取のためコーヒー。
夫に飲んだらどう?としばしば勧められはするけれど、野菜ジュースはどうも・・・

そういうわけで、野菜室のペットボトルは長い間、放置されたまま。

あいにく夫は、次から次に新しいパック入り野菜ジュースを買ってくるので
始めは覚えていたというけれど、冷蔵庫のボトルの存在を忘れてしまいました。

とうとう1週間前、私は賞味期限を確認、2013年4月29日。
もったいな~い!夫はにおいを嗅ぎ、慎重に舐めてみて、飲み始めました。

今回だけは、飲むのを手伝いました。
お味は? 私はやっぱり白湯のほうがいいなあ。

f0163810_14363028.jpg


新しモン好きの夫がパック入り野菜ジュースや
ビールやその他飲み物を、色々買ってきます。

私は飲むなら温かいものがいいので
ジュース類には手が伸びません。

お腹は私のほうが強いので、いくらもったいないとはいえ
夫ばかりに、賞味期限切れの野菜ジュースを飲ませるわけにはいかず

私も手伝いました。一気にグビグビグビ。
お腹だけはワイルドなので、腹痛はなし・・・・
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-06-27 14:37

正座記録   

I practice tea ceremony once a month with my friends and a ninety-nine year old woman. We do it at her house. She is very nice and modest, so I always learn many things from her behavior. She says " Let me also join the company, please," whenever she enters the room very slowly. The other day, her daughter-in-law had already prepared a tea cup on which irises were painted when I reached her house. She was pleased at having her seasonal collection of tea cups used. She told us, "The implements for tea ceremony must be happy to have themselves taken out of boxes, thank you." I am also happy to get the opportunity to wear a skirt again. I decided not to wear skirts except as formal wear a few years ago and I threw most of my skirts away. Regrettable now! By the way, I had my husband photograph me sitting on my heels. I wonder until when I can sit on my heels. This is my photographic record.

友人と一緒に、そして99才の女性ともご一緒に
月に一度、お茶のお稽古をしています。99才の女性のお宅でやっています。

彼女はとても親切で謙虚、その物腰からいつも多くのことを学ばせてもらっています。
「どうぞ私もお仲間に入れて下さい。」と言いながら、部屋にゆっくりゆっくり入っていらっしゃいます。

先日、お宅に伺ったとき、お嫁さんが菖蒲の絵柄の茶碗をすでに準備していました。
99才のお姑さんは、自分が季節ごとに集めた茶碗を使ってもらえると、喜んでおられました。

「箱から出してもらって、お茶道具が喜んでいると思います。皆さんのおかげです。」と
私たちに話されました。

私もまた、スカートをはく機会が持てて嬉しい。
数年前、フォーマル以外はスカートは着用しないと決め、手持ちのスカートをほとんど廃棄。

今となっては、ちょっと残念!

ところで、正座している写真を夫に撮ってもらいました。
いつまで正座できるかなあ。 私の正座記録写真です。

f0163810_23293341.jpg


足が悪いので、お茶のお稽古というより
おしゃべりに行ってます。

このワンピース、残しててよかった。
地味で、夏のお茶のお稽古にはピッタリ。
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-06-23 23:33

ようやく俺も・・・   

There is a nursery school not be so far from my house. My husband told me that when he was passing it on foot, a small child ran up to the fence, shouting "A grandpa!" And then other children also ran up to my husband, and shouted one after another, "A grandpa! A grandpa!" My husband was so surprised to see them, and thought, giving a big smile to them, "At last when I am over sixty, I have joined the ranks of the movie stars!" I'm sure the first child who ran up to my husband must be loved by his grandfather at home. When the nursery school child saw my husband outside the fence, he remembered his grandfather, I think. By the way, children who were shouting repeatedly "A grandpa! A grandpa!" left the fence within one or two minutes. My husband was just a momentary movie star.

家からそんな遠くない所に、保育園があります。

夫がそこを歩いて通り過ぎていた時、幼児が「おじいちゃんだ!」と
大きな声で言いながら、フェンスのところへ駆け寄ってきたのだそうです。

すると、他の子どもたちも駆け寄ってきて
「おじいちゃん!おじいちゃん!」と、次々に叫んだのだとか。

夫は子どもたちを見て驚き、にっこり笑いかけながら思ったと言います。
「60を過ぎて、ようやく俺も人気者の仲間入りだな。」 

最初に駆け寄ってきた子どもは
きっと家で、お祖父ちゃんにかわいがってもらってるに違いありません。

フェンスの外側を歩いている夫を見て
お祖父ちゃんを思い出したのだと思います。

ところで、「おじいちゃん!おじいちゃん!」と連呼した園児たちは
1~2分も経たないうちにフェンスを離れました。

夫は、つかの間の映画スターでした。

f0163810_1434391.jpg


昨日はは父の日。夫は我が家の子どもたちに
シャツと帽子をもらいました、宅急便で。

「ちょっと若めのデザインだけど、がんがん着ちゃって下さい。」って
メッセージ付き。

よっ、ウチの映画スターさん!
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-06-17 14:06

梅雨   

It rained last night and it rained this morning, too. The hydrangeas in my garden look bright. I wonder if they needed water. I like hydrangeas wet from the rain. Beautiful! Herbs and "dokudami"plants in my backyard are always vigorous though they were trampled by people many times last summer at the plumbing for drainpipes. They are growing thicker and thicker this year. Some of the herbs are very sturdy. I envy them!
By the way, I have been busy since late last month. I went and saw my husband's relatives in hospital. I visited my acquaintance to express my condolence for her husband's death. I did not learn that her husband had been in hospital. I am really sorry. And I attended a wake and two funerals for my husband's relatives. I also went to Fukuoka to get my legs massaged for my hip joint problem. I visited a "Chinese class" for small kids which my Chinese friend presides over. Just the other day, I enjoyed watching irises blooming in a Japanese garden which is called "Shohinken" in Yatsushiro, and also drinking green tea which my acquaintances served. They are volunteers at this season to host visitors to the garden.I had a calm time there. That's why I am fine. It is the season for everyone's body balance to get upset easily. Please take good care of yourself.

昨夜雨が降り、今朝も少し雨が降りました。
庭のアジサイが生き生きとして見えます。水が必要だったのかな。

雨にぬれたアジサイが好き。 きれい!

裏庭のハーブとドクダミは、昨夏、排水管工事の時何度も皆に踏まれたのに
いつもよく育ってます。今年はさらにもっと繁茂しています。

ハ―ブ類はとても丈夫。うらやましい!

ところで、先月の下旬からなにかと忙しかったです。
夫の親戚を病院に見舞いました。

知人のご主人が亡くなられたので、お悔やみを言いに行きました。
ご主人が入院なさっていたこと知りませんでした。本当に残念です。

夫の親戚のお通夜が一つ、葬儀が二つ。
股関節に問題がある足の整体に、福岡にも行きました。

中国人の友だちが主催する
子どもたちのための「中国語教室」を覗きました。

つい先日は、ここ八代では「松濱軒」と呼ばれる日本庭園に行き
咲いている花菖蒲を楽しみ、知人たちが点ててくれたお抹茶をいただきました。

知人たちというのは、この時期に庭園を訪れる方々をお抹茶でもてなす
ボランティアの皆さま。そこで、静かなひと時を過ごしました。

というわけで、私は元気です。
体調を崩しやすい季節。皆さま、どうぞご自愛ください。

f0163810_22572245.jpg


季節を知って咲いてくれるので、重宝してます。

f0163810_22574141.jpg


写真ではこれだけですが、手前にも左方にも茫々と繁り
なるようになってる状態の裏庭・・・ま、いいか。
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-06-10 22:47

公園にて   

I went to the park near New Yatsushiro Station with my husband and my grandson last Saturday. There is some colorful playground equipment, and children seemed not to be
tired of playing there. My daughter came home to attend her friend's wedding the previous night. I had to take care of my grandson while my daughter was attending the wedding. It was very sunny that day, and I kept an eye on him sitting on a bench under the tree. My husband did the same thing as I did, but under the beating sun because he was near his grandson. By the way he will be four years old this September, and is very sociable and becomes friends with anybody easily, so it is very easy for me to babysit in the park where children are playing. He became friends with a boy who seemed to be eight or nine years old that day, too. The boy might not have recognized my grandson as his friend, but my grandson followed after the boy all the time he was playing there. The boy ran fast, but my grandson followed after the boy without stopping for more than seventy minutes, as if he was a soccer player. Whenever he came up to me to drink water a few times, he said to me out of breath, "I'll play more." Even when my grandson lost sight of the boy, he continued to play on the slide and suspension bridge alone. And, he fell comically on purpose in front of three girls, and he tried to become friends with them, but they ignored him and left him. Nevertheless he looked happy and continued to sweatily play to and fro. As the lavatory was far from me, I made him urinate outdoors only once at the corner of the park. Very very sorry! While I was there, I enjoyed watching a Shinkansen three or four times. That evening my daughter and grandson went back to their apartment by Shinkansen.

先週の土曜日、夫と孫と新八代駅近くの公園に行きました。
カラフルな遊具があり、子どもたちが遊ぶのには飽きないです。

娘はその前日の夜、友人の結婚式に参列するために帰省。
娘が結婚式に行ってる間、私は孫の世話をしなければいけないのでした。

その日はとても晴れていて、私は木の下のベンチに座って孫の安全を見守り。
夫も私と同じく孫の安全を見守ったけれど、ただし孫のそばについていたので
暑い日差しをもろに受けながら。

ところで、孫は今年の9月に4才になりますが

とても社交的で誰とでもすぐに友だちになり
子どもたちが遊んでいる公園で子守りをするのは、私には楽チンです。

その日も、8才か9才くらいの男の子と友だちになりました。
男の子にしてみれば、孫を友だちと思っていなかったかもしれなかったけれど
そこで遊んでいる間じゅうずっと、その男の子について行きました。

男の子は走るのが速くて、孫は70分以上
休みなく後を追いかけました。まるで、サッカー選手みたいに。

何度か水を飲みに私のところへ来るたびに、肩で息をして「まだ遊ぶ。」と言いました。
その男の子を見失った時も、1人でずっと、滑り台を滑ったり吊り橋を渡ったり。

また、3人の女の子の前でわざと滑稽に転んでみせ
お友だちになろうとしてましたが、女の子たちは孫を無視して
違うところに行ってしまいました。

であっても孫は楽しそうで、あっちに行ったりこっちに来たり
汗びっしょりになって遊びました。

トイレの場所が私の足では遠く
公園の隅で1回だけおしっこをさせました。すみませ~ん!

公園にいる間に3、4回新幹線が見れてよかった~。
娘と孫は夕方には新幹線に乗ってアパートに戻って行きました。

f0163810_16344482.jpg


最後は吊橋で眠りこけそうになった孫を見て
もう限界だな、と公園を引きあげることにしました。

眠くて足がモタついても、幼児には公園は魅力的。

f0163810_1641196.jpg


我が家は、新八代駅から車で10分くらいのところにあります。

八代の農産物はおいしいですよ。
ぜひ、召し上がって下さいね!
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-05-28 16:32

低血圧   

I have low blood pressure. I did not care about it until recently, but thinking of my age I realize I should care about my own blood pressure. Therefore, I checked my blood pressure the other day just after I finished swimming. The maximal BP was 80, and the diastolic was 40. A woman who looked in her late thirties on seeing the numbers, said to me in an astonished voice, "That result shows you're dying." I am dying? Did she mean my blood pressure is too low? She was a stranger to me, but she seemed to be nice, and asked me, "Isn't it hard for you to get up in the morning?" No, I feel fresh when I wake up every morning and I make breakfast quickly. However, I have easily gotten tired since I was young. By the way, recently I have begun to drink a few cups of coffee a day though I seldom drank coffee before. Does my low blood pressure create a need for my body to have caffeine? As I have no idea how to improve my low blood pressure, I only started to massage the base of the back of my big toes. And my soles, too. By the way, the manometer at the swimming pool I usually use sometimes makes a mistake. A machine is a machine. One day, 76 and 52. Today, 96 and 58. Anyway, I will check my blood pressure once in a while, not too often, so as no to worry too much.

私は低血圧です。最近まで気にしてませんでしたが
年齢のことを考えると、自身の血圧は気づかうべきだろうと。

というわけで、、先日、泳いだ後に測定しました。上が80で下が40。
数値を見た30代後半とおぼしき女性が、驚いた声で私に言いました。

「それって、死にかけてません?」 
私が死にかけている?私の血圧が低すぎるってこと?

名前も知らない女性でしたが、感じ良さそうな人で
「朝起きるのが困難じゃないですか。」と、聞いてきました。

いいえ、毎朝目覚めは良く、朝食もテキパキ作ります。
だけど、若いころから疲れやすかったかな。

ところで、以前はめったにコーヒーを飲まなかったのに
最近は1日に数杯飲むようになりました。

低血圧ゆえに、体がカフェインを必要としているのかな。
どうしたら低血圧が改善するのかわからないので

とりあえず足の親指裏の根元を、マッサージ開始。足の裏も。

といっても、ふだん私が使用するプール設置の血圧測定器は
ときどき誤作動を起こします。機械ですから。

いつかは76と52。今日は96と58。

ともかく、心配しすぎないよう
しょっちゅう過ぎない程度で、たまに血圧を測ろうと思います。
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-05-25 22:15

わたしは・・・   

When I was in my twenties, I had an operation to remove my spleen. Since then, my physical condition easily becomes bad. For instance, I was in good condition in the morning, but became in bad condition that evening. And I also often became feverish in my thirties. It was the busiest time in my life, raising kids, housekeeping and my job. Having no spleen would not affect my body functionally, my doctor told me. However, my original 50-gram spleen swelled to 2 kilograms, and it took a long time to remove it. That could not have left my body without damage, I think . By the way, the other day, my body condition suddenly became worse in the evening though I was all right that morning. I remembered my younger days. A good old memory rushed into my mind though I felt sick. Next day I did not go out, and did not do housekeeping, and slept the whole day. Through enough sleeping, I recovered without taking medicine. However, lying on the futon longer caused me severe backache. Hah? Misfortunes never comes singly? Now, I am all right. My body condition easily gets worse, but also easily recovers.

20代で脾臓摘出手術を受けました。
それ以来、体調が激変しやすい・・・

たとえば、午前中は快調だったのに、夕方には悪くなるといった具合。
30代ではしばしば発熱。子育てや家事や仕事で、いちばん忙しかったころ。

ドクターは、脾臓がなくても機能的には私の体に影響はないだろうって。
けれど、もともと50グラムの脾臓が2キロに腫れ、それを長時間かけて摘出したのだから体にダメージがないわけないと、私なんかは思うわけです。

ところで、先日、午前中はどうもなかったのに、突然、夕方に体調悪化。
若かった時のことを思い出しました。

気分良くないけれど、昔の懐かしい思い出がふいに浮かんで。
翌日は外出せず家事もせず、一日中寝てました。

十分に睡眠をとったおかげで、薬を飲まずに快復。
なのに、いつもより長く布団に寝ていたせいで、ひどい腰痛に。

はあ?一難去ってまた一難。
もう、大丈夫ですけど。

私の体調は、激変しやすく、快復しやすく・・・。
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-05-17 23:35

野菜 野菜    

One of my acuaintances gave me several ears of corn the other day.
The corn was very very sweet because she brought them to me as soon as she harvested. I have never eaten such a sweet corn before. I cut each ear into three pieces, and boiled them. Next day, another aquaintance gave me three heads of big broccoli. They were also very fresh. And next day, someone else gave me two heads of lettuce and a lot of garlic stalks. Now, it is a season that many kinds of vegitables are good. Though I am not a vegetarian, I eat lots of vegetables every day.

先日、知人がトウモロコシをくれました。
収穫してすぐに持ってきてくれたせいか、とても甘味がありました。

こんなに甘いトウモロコシは、初めて。
1本を3等分して茹でました。

次の日、もう一人の知人が大きなブロッコリーを3個くれました。
またまた新鮮なブロッコリー。

その翌日、別の知人がレタスとニンニクの芽をくれました。
今、まさに野菜のおいしい季節。

ベジタリアンじゃないですが
毎日、山のような野菜を食べています。

f0163810_142431.jpg


私の子どもの頃は
収穫はもう少し遅かったかな、と思いましたが・・・

f0163810_14234636.jpg


あまりに美味しくて、我が家だけで食べるのはもったいなく
友人にもおすそわけ・・・

f0163810_14264640.jpg


ブロッコリーを食べて、ボケ防止?

f0163810_14244127.jpg


市場に出すには、葉の巻きが良くないとかで・・・

バッテリーが切れて、にんにくの芽、撮影できず。(^^;)

当地では、お店でも野菜が安く手に入り
農家の方々のご苦労には、頭が下がります。

生産者の皆さまに感謝しながら、野菜生活・・・
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-05-10 14:10

晴れて・・・   

My husband and I met the doctor in charge of my mother-in-low the other day, and we asked him about her condition. He answered that she became well because she did not complain of pain when he pressed her abdomen. She has neither fever nor nausea now. Good for her! And I asked him whether her bowel was working or not, as I was anxious for the function of her bowel. And,he answered it was working well. I was relieved to hear that! According to him, her body lacked potassium, so she was given potassium by IV drip infusion. Thankfully, she was discharged from the hospital yesterday. Doctors and nurses, thank you so much for taking care of my mother-in-law.

先日、夫と私は姑の主治医に会い、姑の病状を尋ねました。
腹部を押しても痛みを訴えなくなったので、もう大丈夫ですとのこと。

今は、熱も吐き気もありません。 
よかったね、おかあさん!

姑の腸の機能が心配だったので、働いているのかどうか尋ねました。
すると、よく働いてるとか。 それを聞いて、ほっ!

主治医によれば、カリウムが不足していたので
点滴で補ってもらったようです。

おかげさまで、昨日退院しました。

お医者様、看護師の皆さま
姑がたいへんお世話になりました。

f0163810_0125515.jpg


姑は、晴れて退院になりました。

庭の隅のシランは、茫々としています。

f0163810_0162310.jpg


日陰のシランも、晴れて咲きだしました。
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-04-26 23:34

物静か   

My mother-in-law has been in the hospital. She was hospitalized on April 16th because of vomiting and a fever. The doctor said her bowel hadn't been working well. Now she has no fever, and she is receiving IV drip infusion treatment. The head nurse told my husband and me that my mother-in-law could be discharged from the hospital when she can eat rice porridge.There are six patients including her in the ward. She is the oldest there, ninety-two years old. It is natural that patients look quite weak, but all the patients there look very, very weak. Therefore, I hesitate to speak in a loud voice when I talk to my mother-in-law, even though her hearing is poor. That's why my mother in-law and I are quieter than before she was hospitalized. I wish she can be discharged soon.

姑が入院しています。
嘔吐と発熱のため、4月16日に入院しました。

お医者さんの話では、姑の腸がうまく働いてなかったのだとか。
もう熱も下がり、点滴治療を受けています。

姑がおかゆを食べられるようになれば、退院できるだろうと
夫と私は、看護師長さんから話を聞きました。

病室には、姑も含めて6人の患者さんがいます。
姑が最年長、92歳です。

患者が弱々しく見えるのは当たり前ですが
同室の患者さんたちは、とても弱々しく見えます。

だから、姑の耳が遠いとはいえ
大声で話しかけるには、ためらいが。

そういうわけで、姑と私は、姑の入院前より物静か。

姑が早く退院できますように・・・

f0163810_21383036.jpg


ツツジの鮮やかな色に目を奪われていたら
小手毬が物静かに、けれど、しっかり咲いていました。


ほったらかされていても
咲く時期を知ってる花には、いつも驚かされます。
[PR]

# by kyoumogenki123 | 2013-04-20 21:57