週末の楽しみ   

On weekends, I enjoy reading books written by Matsumoto Seicho.
(週末には、松本清張の本を読むのが楽しいです。
Though I really like the comic dialogues by pairs of comedians on TV,
(本当はテレビの漫才が好きだけど)
recently these comedians are very boring.
(最近の漫才師、あまりにつまらない。)
I miss the veteran comic duos and can enjoy them only during the New Year holidays.
(今じゃお正月休みにしか見られない老練な漫才師、いつもは見られなくて寂しいです。)
Well, Matsumoto Seicho is a great writer.
(さてさて、松本清張はすごい作家ですよ。)
Of course, Mishima Yukio is also a genius, but my gut feeling is a preference for the works of Matsumoto Seicho.
(もちろん、三島由紀夫も天才ですけど、松本清張の作のほうが私の感覚に合ってると思います。)
He is good at describing people in misfortune, and he suffered misfortune when he was a boy.
(清張さんは不遇な人たちを描くのがうまいし、清張さんも少年時代は不遇でした。)
However, I read his crime fiction during the day, not at night,
(だけど、清張さんの推理小説っていうか犯罪小説は、夜じゃなくて昼間に読みます。)
because there are many grudges played out in his books and the stories don't have happy endings.
(だって本には登場人物による怨念がいっぱいで、物語はハッピーエンドじゃないんですから。)

ドキドキ、ヒヤヒヤは脳のためには良いでしょーけど
人が死んだり殺されたりを読むのは…私の心身にはちょっとね~。(><)

f0163810_16285527.jpg


だけど、清張さんは人間をしっかり描いておられて
あ~、人間って弱いなー、私はしっかり生きなくっちゃ!って思います。

皆さま、夏バテなさいませんよーに。(^^)
[PR]

by kyoumogenki123 | 2009-08-09 16:41

<< イワシを焼いて… 記念撮影 >>