水俣病のこと   

The Japan News より  (九州すずらん訳)

長くなりますが、おつき合いいただければ嬉しいです。

For more than half of her life, Fujie Sakamoto has been forced to live in agony because of Minamata disease. “If it were not for Minamata disease, I could have lived peacefully by the sea,” the 88-year-old said.

人生の半分以上、坂本ふじえさん(88才)は水俣病に苦しむ生活を強いられています。
「もし水俣病がなかったら、私は海のそばで穏やかに暮らしていたでしょう。」
と、話しました。

All four of her family members, including her late husband and their eldest daughter, who died young, are officially recognized as patients of the disease.The disease is neurological poisoning caused from eating seafood contaminated with methyl mercury industrial waste water. Regarded as the nation’s first major pollution problem, the disease was officially recognized in Minamata in 1956.

亡き夫と長女を含む家族4人は、公式に水俣病患者として認定されています。
2人は若くして亡くなりました。水俣病は、メチル水銀産業排水で汚染された魚介類を食べることによってひきおこされる神経中毒です。国の最も深刻な公害問題として注目をあび、1956年に公式認定されました。

Seeking official recognition as patients of the disease, victims have filed one suit to another against Chisso Corp., a chemical company blamed for causing the disease. In 1995, the government attempted a political settlement such as offering sufferers lump-sum payments.

水俣病患者公式認定を求め、患者たちは次々とチッソに対して訴訟を起こしています。
チッソは水俣病を引き起こした責任を追及された化学薬品会社です。1995年に、政府は患者に一括払いで補償金を支払う提案をして、政治決着しようとしました。

However, the Supreme Court handed down a ruling in 2004 that found the government responsible for the outbreak of the disease. Following the ruling, the number of victims seeking to be recognized as Minamata disease patients soared.

しかし、最高裁は、水俣病発生には政府の責任が明らかだという裁決を2004年に下しました。裁決に引き続き、水俣病患者認定を求める犠牲者の数が急激に膨れ上がりました。

The law concerning relief measures for Minamata disease victims was enacted in 2009. About 65,000 people, including patients of Minamata disease in Niigata Prefecture, have applied for recognition to become eligible for compensation and financial aid.

水俣病犠牲者のための救済措置に関する法律が、2009年に制定されました。新潟県の水俣病患者を含め約65000人が補償金と生活保障を求め、認定患者申請を行いました。

Sakamoto’s husband, Takeyoshi, was a Chisso employee. In the summer of 1953, the couple had their first child, Mayumi.Around that time, mysterious deaths of cats were reported in Minamata after the cats became unable to walk. The couple never imagined the deaths were caused by mercury in fish from Minamata Bay.

坂本さんの夫、たけよしさんは、チッソの従業員でした。1953年の夏、夫妻には長女のまゆみさんが生まれました。その頃、水俣では歩けなくなった後に死ぬという、猫の奇妙な死が報告されていました。夫妻はその猫の死が、水俣湾でとれる魚に含まれる水銀によって引き起こされているとは、よもや想像だにしませんでした。

Mayumi, meanwhile, began stumbling and crying in the summer of 1956, just before turning 3. In May that year, Minamata disease was officially recognized, but the cause of Mayumi’s symptoms remained unknown at that time. A month after falling sick, Mayumi lost her eyesight. She then began having difficulties in walking, speaking and eating.

まゆみさんは、その間にも、よろけたり叫び声をあげたりするようになりました。1956年の夏、ちょうど3才になる前のことです。その年の5月に水俣病が公式認定されました。しかし、まゆみさんの症状の原因は、その当時、依然として不明のままでした。病に倒れて1か月、まゆみさんは視力を失いました。まゆみさんはその頃、歩くことも話すことも食べることも困難になり始めました。

“She collapsed every day and looked as weak as a doll,” Sakamoto said.Mayumi died at the age of 4years and 5 months. Sakamoto filed a group suit against Chisso to seek compensation. In 1973, the Kumamoto District Court ordered the company to pay from 16 million to 18 million per patient.

「娘は毎日だらりと横になって、人形のように弱々しく見えました。」と、坂本さんは言いました。まゆみさんは4才5か月で死にました。坂本さんは補償を求め、チッソに対して団体訴訟を起こしました。1973年に熊本地裁は、患者一人につき1600万円から1800万円を支払うよう会社に命じました。

Soon after the court decision, Sakamoto visited the company’s headquarters in Tokyo because she wanted to prod the firm to pay compensation to victims who were not plaintiffs of the suit.

地裁判決の後しばらくして、訴訟の原告ではなかった犠牲者にも補償金を支払うよう企業を駆り立てたかったので、坂本さんは東京のチッソ本社を訪ねました。

“Chisso’s excecutives at that time were cold. Their attitude was like,’Why don’t you let it go because we’ve already paid,’” she recalled. “With feelings of anger and pity building up, I threw back their money and said to them, ’Here’s your money back. Now bring Mayumi back to life.’”

「会社重役たちは、そのとき冷たかったですよ。あの人たちの態度は『自分たちはすでに支払ったのだから、もうおしまいにしたらどうですか。』みたいな感じでした。」と、坂本さんは思い出を話しました。「怒りと口惜しい気持ちがわきおこり、私はお金を投げ返して重役たちに言いました。『ホラ、お金は返した。さあ、まゆみの命を返せ』って。」

"Some people believe anything can be settled with money. I believe such thinking leads to pollution problems,” she added. Sakamoto also said, “ We can’t prevent these problems unless companies and governments around the world give serious consideration to the lives of people invulnerable positions.”

「何でもお金で解決されると信じている人たちがいます。そんな考えが、公害問題に至らしめるんだと思います。」と、坂本さんは言い添えました。坂本さんはまた言いました。「もし世界じゅうの会社と政府が人間の命ほど大切なものはないのだと本気で考えないなら、私たちは公害問題を防ぐことはできません。」と。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まゆみさんは、私と同じ年齢です。
私はたまたまこうやって、今の年齢まで生きています。

まゆみさんは、生きられませんでした。

子どもの頃、水俣病のことを知ってからずっと
重い気持ちを抱えていました。同じ熊本県内に住む者として。

新聞・テレビで見る「坂本しのぶさん」は
まゆみさんの妹です。

「しのぶさん、がんばって。」と、私は心の中で
いつも言っています。
[PR]

by kyoumogenki123 | 2013-11-02 22:30

<< 左手で歯磨き 寿命それぞれ >>