お盆   

I always enjoy looking at handicrafts which my kids made when they were small.
(我が家の子どもたちが小さいころ作った作品を見て、私はいつも楽しんでいます。)
The photo below left is a wooden box with a drawer and on the right is a papier-mache ostrich.
(下の写真の左側は引き出しのついた木箱で、右側は紙粘土のダチョウです。)
I may be prejudiced in favor of my kids, but I think they were good at handcrafting.
(親の欲目かもしれませんが、子どもたちは工作が上手だったなあと思います。)

f0163810_10471982.jpg


子育て真っ最中のころって、家事・育児・PTA行事はもちろんのこと

隣保班(葬祭を互助しあう近隣グループのことを、実家の母は若い頃こう呼んでました。今や死語?)のお付合いや親戚のお付き合いなど

直面する初めての事柄をうまく回していくのに精一杯・・・

子どもをしっかり褒めてやっていたかしらと、このごろ反省することしきり。

というわけで、パソコン机の目の前の壁には

娘が小学校1年のころ書いた習字「ねこ」と

息子が3年生のときの作品「山ぶどう」を、掛けています。

何を今さら・・・じゃなくて今だからこそ鑑賞したいデス。(^^:)

その斜め上には、20年前に千円か千五百円で旅先で描いてもらった

私の似顔絵を掛けています。(もう、20年も掛けっぱなしです。)

商業画家さんの集客のコツは、実物よりちょとだけキレイに仕上げること!

そんなこんなで、お盆が過ぎていきます。

昨日は、お盆を病院で迎える義母と、2時間近くおしゃべりしてきました。

お風呂上がりだったので、「疲れたら眠ってヨカよ。」と前置きして

義母の好む親戚の話をいっぱいしました。

日ごろは私の時間がなくて、30分くらいしか居れません。

夕方には、夫が19歳のときに亡くなった義父を迎えるために

お墓にちょうちんを提げに行きました。

9時過ぎころから雷が鳴り始めたので、夫があわてて提灯を取りに行き

夫が帰ってきたあと、雨がザーッと降ってきました。

こういうことが、嫁いで30年くらい繰り返されています。

コレッテ、スゴクナーイ?

※ 8月14日 夕方7時です。 ・・・
お義父さんをお迎えするのは、「本当は、今夜だった!」ことに気づいたので
夫に「ごめんね。」と謝って、もう一度、ちょうちんを提げに行ってもらいました。
エヘヘ・・・誰だってマチガウコトハ、アル。(^^;)
許しあって生きてイキマショウ。(^^)
[PR]

by kyoumogenki123 | 2008-08-14 12:37 | 家族

<< 仕事 残暑お見舞い申し上げます。 >>