<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

あなたの声は?   

The next day my children celebrated my husband's 60th birthday, it was sunny and an ideal day for going for a drive. At lunch time my son took us to the restaurant where the owner-chef, according to a local news magazine, was once chief chef at a first rank restaurant. And there is also a rice Meister at the restaurant, they say. My children expected to be able to eat good rice before reaching the restaurant, and they were satisfied with the rice there. However, I thought that the taste of rice from Hitoyoshi is better than the rice at the restaurant. When I said that honestly, my daughter warned me not to talk loudly. She was afraid that the people at the restaurant were going to be very hurt to hear me say so. Hi, my daughter, I don't think my voice is so loud. Strange as it may seem, I intended to talk low. Um, as my husband often says the same thing as my daughter, I wonder if my voice really is loud. I have to be careful not to hurt other people. Whisper; Only Hitoyoshi rice is good!

子どもたちが夫の還暦を祝ってくれた翌日は、快晴で
絶好のドライブ日和。

昼食時に息子が連れて行ってくれたレストランは
タウン誌によると、かつて一流レストランで料理長をしていたシェフ所有のレストラン。

で、そこにはお米マイスターもいるとか。

子どもたちはおいしいお米が食べられると、レストランに着く前から期待し
実際食べてみて、そこのお米に満足してました。

だけど、私は人吉のお米が
そのレストランのよりおいしいって思ったんですよね~。

正直にそう言うと、娘が大きな声で話さないで・・・って。
お店の人たち、私が言うのを聞いて気分こわすでしょ…だって。

ねえねえ、母さんは自分の声がそんなに大きいとは思ってないのよ。
これでも声を落として話したつもり。

うーん、夫もしょっちゅう娘と同じこと言うので
私の声って本当に大きいのかしらん。

他の人たちの気分を害さないようにしなくっちゃね。
でもねえ…(ヒソヒソ声で)
人吉のお米はおいしいですよ―!

f0163810_152464.jpg


ドライブ途中で、夫と孫ちゃん。ネコジャラシに喜んで…

f0163810_1592864.jpg


兼業農家の姉が送ってくれた、おいしいお米。
たぶん、姉は作ってない…義兄さん、ありがとうございます。(*^_^*)
[PR]

by kyoumogenki123 | 2010-11-26 15:21

還暦祝いを…   

The next day my children celebrated my husband's 60th birthday, it was sunny and an ideal day for going for a drive. At lunch time my son took us to the restaurant where the owner-chef, according to a local news magazine, was once chief chef at a first rank restaurant. And there is also a rice Meister at the restaurant, they say. My children expected to be able to eat good rice before reaching the restaurant, and they were satisfied with the rice there. However, I thought that the taste of rice from Hitoyoshi is better than the rice at the restaurant. When I said that honestly, my daughter warned me not to talk loudly. She was afraid that the people at the restaurant were going to be very hurt to hear me say so. Hi, my daughter, I don't think my voice is so loud. Strange as it may seem, I intended to talk low. Um, as my husband often says the same thing as my daughter, I wonder if my voice really is loud. I have to be careful not to hurt other people. Whisper; Only Hitoyoshi rice is good!

夫は11月が終わりに近づくころ、60才になります。
息子と娘が、父親の還暦祝いを計画しました。

最初、温泉宿に一緒に泊まる予定だったようですけど
私たち全員に好都合という日がなく
かといって、12月までお祝いを延期したくもなく。

結局、夫と私だけが
子どもたちが予約してくれたホテルに、1泊することに。

ホテルにチェックインした夕方、息子が私たちを迎えに来て
娘やお婿さん、そしてベビーが待っているレストランへ。

夫はなんて幸せ!

その夜、ディナーが終わった後
子どもたちはそれぞれ家に帰り、翌朝、自分たちの用事が済み次第
またホテルに迎えに来て、美しい紅葉を見に連れて行ってくれるとか。

紅葉見るのも楽しみ!

明日の午後いざ福岡へ、楽しみで楽しみで。

都合がつけば、息子の未来のお嫁ちゃんも来てくれるかも?

f0163810_1711441.jpg


我が家から車で、10分はかからないなあ~、八代宮のイチョウ。
八代の初冬! 撮ってきたばかりの最新版~。(*^_^*)

f0163810_1713255.jpg


お堀に囲まれた風景を撮ろうとして
なんじゃ、これ?…です。

皆さまの町の初冬は、いかがですか~?
[PR]

by kyoumogenki123 | 2010-11-19 16:38

めでたく結納が…   

We visited my son's fiance's parents' house to exchange betrothal gifts the other day. It was the second time for us to visit her parents to talk to them about my son's decision to marry their daughter. In October, about a month after our first visit, we invited her family to dinner and the next day we showed them around Yatsushiro City . And this time, in November, thankfully they accepted us with a feeling of hospitality. I was relieved that my son's fiance's family were all nice. She is sweet-tempered, I'm sure she'll live with my son whatever happens. Of course, it goes without saying that my son has to make her happy. Me? I have to be careful not to drop dead because of being in peace.

先日、結納のために息子の婚約者のご実家を訪問。
息子の結婚の決意をお話しするべくの訪問、私たちにとっては2回目。

初めて訪問したおよそひと月後の10月に、婚約者のご家族を夕食にご招待し
翌日は八代市をご案内しました。

そして、このたび11月
ありがたいことに、温かい雰囲気で受け入れていただきました。

ご家族の方々、優しい人たちばかりで安心です。

婚約者は気だてが優しく
この先何が起きようと、息子と一緒にいてくれることでしょう。

もちろん、息子が彼女を幸せにしなくてはいけないのは
言うまでもアリマセン。

私ですか?
安心して、ぽっくり死なないように気をつけなくてはね。

f0163810_15184219.jpg


先方様より、簡素に・・・と言っていただき
お言葉に甘えました。

f0163810_15272180.jpg


ガーデンシクラメン…他にもお花がいっぱいだった~。
お母さまが、とってもお花好き。
[PR]

by kyoumogenki123 | 2010-11-12 15:21

フランスの人たち(2)   

The second day in France we went sightseeing in Paris. On that day, unfortunately, a problem happened. Workers, including public employees, in France were scheduled to strike against pension reform. That was news to me! Public employees can strike? That is impossible in Japan, but if it's true, did it mean the Louvre would be closed? Oh,no! We came from a great distance, and I didn't want to lose the chance. Sightseeing around Paris by bus, we waited for the decision that the strike is off. The Louvre ended up by being opened, though the opening time was delayed, and we shouted for joy. The Versailles Palace was open, too. Only group tours which had already reserved were accepted, so luckily there was no pickpockets at both the Louvre and the Versailles, and we enjoyed them in peace. I've never been this happy!

フランスの2日目は、パリ市内観光。
その日あいにく問題発生。

公務員を含むフランンスの労働者が、年金改革に反対してストライキを予定してた。
そんなの初耳! 公務員がストライキ?

日本ではありえないけど、もし本当ならルーブル美術館は閉館になるってこと?
そんなの、困る!せっかく遠いところから来たのに
チャンスを逃したくないもん。

バスでパリ市内を観光しながら
ストライキが解除になる決定を待つことに。

開館時間は遅れたけど、ルーブル美術館は開けられることになり
歓声をあげて大喜び。

ベルサイユ宮殿も開館。
予約を入れていた団体ツアーだけが、入れることになり
おかげで、ルーブル美術館にもベルサイユ宮殿にもスリがいなくて
安心して観光をエンジョイ。

こんなに幸せなこと、今まであったろうか!

f0163810_22352384.jpg


エッフェル塔…この日の夜は
ライトアップされたエッフェル塔内にあるレストランで、最後の夕食。

f0163810_22414982.jpg


ルーブル美術館。
凱旋門や、ベルサイユ宮殿の写真がうまく撮れてなくて…

f0163810_2361050.jpg


皇帝ナポレオン一世と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠。
他にも素晴らしい絵がたくさんあったけど…うまく撮れてない…(><)
モナリザは意外と小さく感じた、77センチ×53センチ?

f0163810_22522424.jpg


車椅子の写真が、今ごろ見つかった。
ちょっと古いけど、第一日目にフランクフルトに到着した時、夫が撮影してた…

f0163810_2311117.jpg


翌朝のパリ、画家ユトリロの作品に出てくる坂っぽい風景を探して
ホテルの外を散策…パリはとにかく路上駐車が多い!

で、最後にフランスのバスドライバーさんのこと。
モンサンミッシェル観光は、2時間半ごとに2人のドライバーさんが、交代で。

そのとき、待機中のドライバーさん、アメリカに行った話やトルコに行った話をしながら
すずらん達のツアーガイドさんをナンパしてた。

トイレ休憩ですずらん達がサービスエリアショップに行った時
ドライバーさんたちもバスをロックして降りたんだけど

予定時間になって、バスに戻ってきてもバスは閉まったまま入れず。
ドイツのバスドライバーさんがそんなことしようものなら

「時間を守って!」って、ツアーガイドさん言ったでしょうに
な~んにも言わず、にこにこ。

すずらん、心の中でプンプン! ナンダナンダ、、えこひいきじゃないか!

ま、いろんなことがありました~。

皆さま、最後まで読んでいただきありがとうございました。
これで、ヨーロッパ旅行記おしまいです。
[PR]

by kyoumogenki123 | 2010-11-03 22:21