<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

第52回 外国人による日本語弁論大会   

My young Mongolian friend, Ms. Luvsandamin Baigalmaa qualified for the final of the International Speech Contest in Japanese. Seventy-four people applied to take part, and she is one of twelve finalists. Wow! The contest has been held since 1960, and this year is the fifty-second. So she'll go to Tokyo with her husband for the finals. It will be held at 1:00pm, Saturday, June 11, at the campus of J.F. Oberlin University in Machida, Tokyo. The contest will be broadcast afterwards on NHK ETV. By the way, she came to Japan six years ago, and she fell in love with her husband at first sight, she said. She was a qualified PE teacher in her country, and she obviously has the build of an athlete. And she speaks clearly. Such a beautiful healthy Mongolian woman who says clearly yes and no fell in love with a soft and mild Japanese man here in Yatsushiro. By a curious coincidence! Only God knows when and where a person meets his or her important person, I thought heartily. I guided her in the choice of delicate Japanese phrases. The other day, we paid Mayor Yatsushiro a courtesy visit with her family. Would you listen to her speech at the hall or on TV? Thanks.

私の若いモンゴル人の友達、ルブサンダミダン・バイガルマーさんが
外国人による日本語弁論大会の本大会に出場します。

74名の応募があり、彼女は予選通過12人の中の1人に。 お見事!

日本語弁論大会は、1960年からずっと開催されていて、今年は52回目。
彼女は大会出場のため、ご主人と一緒に上京します。

6月11日(土) 午後1時より 東京、町田の桜美林大学構内にて開催。
後に、NHK教育で大会のもようが放送されます。

ところで、バイガルマーさんは6年前に来日、今のご主人に一目惚れしたんだとか。
彼女はモンゴルでは体育教師の資格を持ち、明らかにそれとわかるスポーツ選手体型。

それに、物の言い方がはきはきしています。

「はい。」と「いいえ。」をはっきり言う、美しくて健康なモンゴル女性が
ここ八代の、優しくて温和な日本男性に一目惚れ。

不思議な巡り合わせで!

人がいつ、どこで大切な人に出会うか神のみぞ知ると、心から思いました。

細かい日本語の言い回しをどうするかで
私は彼女の相談に乗りました。

先日、彼女の家族と一緒に、八代市長を表敬訪問。

会場でかテレビで、彼女の弁論をお聞きくださいませんか。

よろしくお願いいたします。

外国から来て、日本で生活している人たちを知るにつけ
たいへんな努力が要るんだなあということが、わかります。

私は今までも、そしてこれからも外国で生活することはないですけど

自分が外国で生活することになった場合
どんなにか心細い思いをしたり、戸惑うことだろうと思うと

自分にできることは、お手伝いがしたい・・・

バイガルマーさんは日本名を持ってるので
ふつうは、日本名で〇〇ちゃんって呼んでます。
[PR]

by kyoumogenki123 | 2011-05-30 23:39

挙式 in ハワイ   

My husband and I left Japan for Hawaii to take part in my son's wedding on May 14. My son and his wife aren't Christians, but she had eagerly wanted to hold a wedding ceremony in Hawaii and enjoyed their honeymoon there. They started to plan that last summer, and finally their dream came true. Congratulations! When I first heard about their plan, I was unwilling to go because I used to connect Hawaii with Waikiki Beach, and Waikiki Beach with young people. Sorry, my son. Sad to say, my connection was too simplistic, and now I think it was a fruitful trip. Workers I met in Oahu island were from Japan, Korea, the Philippines, Hawaii and from various other countries. They were fulfilling their duty. And the security was good, too. My husband liked the trees in Hawaii with their different aspects from the ones in Japan, and he wanted to draw them. And he liked the bright sunshine,too. That reminds me!I didn't care about protecting myself from the sun there, though I do in Japan.The biggest news was that we saw the Monkey pod, whose other name is "The tree of Hitachi" or "Kono ki nanno ki," which is famous as the song of Hitachi group's TV commercial. It is in Moanalua Garden Park. It was probably sick because the leaves weren't thick. I hope it recovers soon. Hey, my son, be happy with your dear wife!

息子の結婚式に参列するため
夫と私は、5月14日にハワイに向けて日本を出発しました。

息子とお嫁さんはクリスチャンではありませんが
ハワイで挙式して新婚旅行もそこでというのが、お嫁さんのたっての願い。

二人は去年の夏にその計画を練り始め、ようやく二人の夢が実現。  

おめでとう!

その計画を初めて聞いたとき
私はハワイに行くっていうのに乗り気じゃなくて

だって、ハワイといえばワイキキ・ビーチ、ワイキキビーチといえば若者というのが
私のふつうの連想だったから。 息子よ、ごめんねー。

残念ながら、私の連想は短絡的過ぎたようで
今では実り多い旅だったと思ってます。

私がオアフ島で会った労働者は、日本、韓国、フィリピイン、ハワイ
その他、諸々の国から来た人たち。

その人たち、務めをしっかり果たしてました。
治安もよかったですよ。

夫は、日本とは異なる外観のハワイの樹木が気に入り
絵に描きたいって言ってました。

それと、輝くような日差しも気に入ってましたねえ。

あ、それで思い出した!私、日本では日焼け防止対策、気になるのに
ハワイでは気にならなかったんですよ。

いちばんの収穫は、別名「日立の樹」とか、日立グループのテレビコマーシャルソングで有名な
「この木なんの木♪」とか呼ばれているネムノキを見たこと。

その日立の樹は、モアナルア・ガーデン・パークにありました。

葉がスカスカで繁っていなかったので、おそらく病気だったかも。
早く良くなるといいけど。

そんじゃ、息子よ
かわいい奥さんと幸せになっておくれ。

f0163810_11321392.jpg


これは元気な時の「日立の樹」フォトを、お借りしてます。
実際は葉の向こうに空が見えて…(><)  がんばれ!モンキー・ポッド!

実際に行ってみて、ハワイの印象が変わった…
もっと歴史を調べたくなった…

お顔はバッチリ日本人で、「水、水!」と叫んで
夫にお茶を持ってきて下さった、レストランの責任者らしき男性。

ハワイで15年働いてるけど、韓国がなつかしい…って、タクシーの運転手さん。

イスラエルの観光女性が、日本の「津波」を心配してくれ
ニューヨークから来た男性は東京だけ知ってて、熊本を知らず。

チャンス!熊本県を売り込め! 

日本語が通じる人たちと、そうでない人たちとさまざまで
ハワイで働いてる人たちに、元気もらって帰ってきました。 

皆さん、よう、がんばっとる!
[PR]

by kyoumogenki123 | 2011-05-24 10:56

ベッキーー♪♯が来た・・・   

A TV star "Becky♪♯" came to the AEON shopping center in Yatsushiro on May 5. There was "The Kamen(Mask) Rider Show" for small kids on May 3. At the Yume Town shopping center, the "The Anpanman Show" was held on May 3, the "Special Talk By Mika Mifune " on May 4, the "Hanakappa Character Show" on May 5. Those big shopping centers were filled with many shoppers during Golden Week. You see, they could see those shows for free. By the way, why are ♪and♯ attached to Becky's name? That's what I thought when I saw her name on a circular inserted in the newspaper. She is a very lively and popular TV star in her twenties whose mother is Japanese and father is British. I wonder if those marks are the trademarks which mean that she is cheerful or a good natured person. Though I don't know TV stars nowadays, I happen to know Mika Mifune, movie star Toshiro Mifune's daughter and Becky♪♯. About Becky♪♯, I've watched her on famous healer Hiroyuki Ehara's TV program. In the end, I didn't go to those shows, but one of my students said, "The real Becky's face was very small and her arms were slender. And she was very nice, getting down to answer a question from a small kid." My student also said she continued shouting to Becky with her friends, and Becky waved to them singing her new song. I understand teenagers get excited to see their favorite TV stars. Not only teenagers but mothers and fathers often get excited when they see their favorite stars. Well, until now the TV stars and singers I've ever seen were Mitsuko Mori, Masako Izumi, Akira Mita, a folk singer whose name I forget, Aki Yashiro, Kunihiro Matsumoto, etc. And you?

テレビタレントの「ベッキー♪♯」が、5月5日にイオン八代店に来ました。
5月3日には、幼児向けに「仮面ライダーショー」開催。

ゆめタウンでは、5月3日に「アンパンマンショー」 
5月4日に「三船美佳のスペシャルトーク」 
5月5日に「はなかっぱキャラクターショー」がありました。

ゴールデンウィーク期間中、大型ショッピングセンターは大勢の人でにぎわいました。
なにしろ、いろんなショーが観覧無料。

で、ベッキーの名前にはどうして♪や♯がついてんでしょ?
新聞の折り込みチラシで名前を見た時、そんなこと思いましたっけ。

ベッキーといえば、母親が日本人、父親がイギリス人の
元気な人気のある20代テレビタレント。

彼女が元気いっぱいだとか、人柄がいいってこととかの意味を込めた
トレードマークなのかしらん。

今どきのテレビタレント、知らないんですけど
たまたま、三船美佳(映画俳優三船敏郎の娘)とベッキー♪♯は知ってました。

ベッキー♪♯は、かの有名な江原啓之のテレビ番組で見たことあります。

結局、私はショーには行かなかったんですが
塾生の一人が、話してくれました。

「本物のベッキー、超小顔で、腕ほそーっ。
で、優しかった―。小さい子どもの質問に、腰をかがめて答えてたもん。」

その彼女、友達とずっとベッキーに声援送って
ベッキーは歌を歌いながら、彼女たちに手を振ってくれたって。

十代の子たちが、大好きなテレビタレントに会って興奮するの、わかります。
十代の子たちばっかじゃなく、おじさんやおばさんたちだって
ひいきのスターに会えば大騒ぎします。

えーと、今まで私が見たことのあるタレントとか歌手とかは
森光子、和泉雅子、三田明、名前を思い出せないフォーク歌手、八代亜紀、松本邦洋など…

皆さんは、いかがですか?

本物には、オーラがある!って思います。

北極点到達の偉業をなしとげた和泉雅子さんの講演を、その昔聴いたとき
なんて元気な人だろう!って、思いました。

美人女優さんだったのに
その時は、お顔に紫外線によるシミがいっぱい。

そのことも含めて、感動したものでした…
[PR]

by kyoumogenki123 | 2011-05-11 00:00

いつもの歯医者さんで…   

My dentist is honest, and besides, a busy bee. He seldom closes his office, and his selling point is that he is open even on Sundays and national holidays. And he also makes house calls. So naturally he worked during "Golden Week", the succession of holidays from April 29 to May 5 this year, too. His wife is a dentist, too, and she was my daughter's dentist before she left home. She has her office on the same premises as their house. My dentist's office is somewhere else. She closes her office on holidays. Though I don't know if my dentist simply likes working very much or has to work hard, it's true he works without a holiday.This introduction has become too long. Sorry! What I want to say is that I went to the dentist after making an appointment and he already had a patient before me, and he seemed to need more time. I usually exercise lightly at the corner of the waiting room when I'm waiting for my turn. I was exercising that day, too. During the treatment of the other patient, he showed himself at the front desk and talked to me, "I'm sorry I have kept you waiting. Please go on exercising and give us a little more time." His behavior is always filled with seriousness, and so I answered willingly,"Yes!" I may be a funny patient for him who exercises in the waiting room. I gave a chuckle in spite of myself.

私の掛かりつけの歯医者さんは誠実で、そのうえ働き者です。

めったに医院を休まず、日曜も祝祭日も営業してますよというのが、売り。
また、往診もします。

だから、当然今年のゴールデンウィーク(4月29日から5月5日までの一連の休み)も
歯医者さんは、仕事でした。

奥さんも歯医者さんで、娘が家を離れるまで、娘のかかりつけの歯医者さんでした。
奥さんの医院は自宅と同じ敷地内にあります。ダンナさんの医院は別の所に。

奥さんは、休日には医院を休みます。

ダンナさんは、単に働くのがとても好きなのか
それとも働かなくっちゃいけないのかわかりませんが
休日返上で働いてるのは、事実です。

前置きが、長くなりました。ごめんなさい!

言いたいことは、私がそのかかりつけの歯医者さんに
予約して行ったということ、そして私の前にすでに患者さんが一人いて

その治療に時間がかかりそうだった、ということです。

自分の番がくるまで、私はふつう待合室の隅で軽く体操をします。
その日も、体操してました。

私の前の患者さんを治療してる途中で
歯医者さんは受け付けに姿を見せ、言いました。

「お待たせしてすみません。そのまま体操を続けていただいて
もう少しお待ちくださいね。」

その態度はいつも真面目で、だから快く「はい!」って、答えました。

歯医者さんにしてみれば、私は待合室で体操するおかしい患者かも。
思わず、クスッて笑ってしまいました。

実際は、「そのまま体操を続けていただいて…」とはおっしゃらず
「そのままそれを続けて、ごゆっくり…」とかなんとか、語尾を濁されたんですよ。
いちいち、正直というか真面目というか。 (*^_^*)

治療の説明も、ていねいです。
あ、ダイエットなさったのか、あごのラインがシャープだった…
奥さまの厳しいご指導があったのかしらん?

皆さんは、どんな感じでお待ちになりますか、病院なんかでは。
[PR]

by kyoumogenki123 | 2011-05-05 16:53