<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

お隣さん…   

When I visited my neighbor early in the afternoon the other day, the sun was beating down fiercely. Fortunately, the front door of the neighbor's house faces the east, and besides there are wide eaves outside the front door. Also, many short and tall trees are planted around the front door, so it was good shade to stand talking under the eaves. I'm afraid we talked for more than thirty minutes, possibly for an hour. Wow, what a long chat! You might be surprised at what a chatterbox I am, but I needed to let her know how my family had been getting along because she must have worried about us. When she passed in front of my house the day before, she saw eight cars parked in the garden. Neither during the Bon Festival nor over the New Year holidays, this sight is usual. Unfortunately,that day I was very busy and didn't have time to explain to her, so she worried more and more about what happened to my family. In the end , I heard she called the neighbor of my husband's elder sister who lives in the same town. My sister-in-law was at my house then. And then my neighbor learned and was relieved that nobody in my family had died. That day the relatives came to my house and congratulated my son and his wife on their marriage and after that we went out for a party by bus. That's why I told her the whole story and enjoyed chatting with her. My neighbor is a good person. She never tells any petty gossip.

先日の昼下がり、お隣さんの家に行った時、太陽がギラギラと照りつけていました。

幸いなことには、隣の家は玄関が東向きで、そのうえ玄関の外には
広い庇があります。

また、玄関付近に低い木や高い木が植えられており
庇の下で立ち話するには、うってつけの日陰。

30分以上話したんじゃなかったかな、ひょっとすると1時間だったかも。
わっ、なんたる長話!

私のこと、何というオシャベリ!って、驚かれるかもしれませんが
我が家の近況を、お隣さんに知らせる必要があったんです。
我が家のこと、心配かけたに違いなかったので。

その前の日に、お隣さんが我が家の前を通った時
車が8台、庭に駐車していました。

お盆でもお正月でもないときに、普通じゃない光景。
あいにくその日、私はとても忙しくて彼女に説明するヒマがなく
我が家に何が起こったんだろうって、彼女はますます心配。

結局、彼女は同じ町内に住む
私の夫の姉の、お隣さんに電話したそうです。

夫の姉はその時、我が家にいました。
そして、誰も死んでないことがわかって安心したとのこと。

その日、親戚が我が家にやってきて、息子と新妻に結婚のお祝いを述べてくれ
そのあと私たちは、バスで宴会場に出かけました。

そんなわけで、私はお隣さんに事の顛末を話し、楽しくおしゃべり。

お隣さんは、いい人なんです。 決して、つまらない噂話をしない人。

近所に不幸があると、サッとかけつけますが
当の家族に「不幸があったんですか。」っては、聞きにくい…です。

だから、私のお隣さんは、夫の姉のお隣さんに電話で確かめて…ホッ!

お隣さんから我が家は丸見えですが
我が家からお隣さんに行くには、東向きの玄関までぐるーっと回らなければなりません。

「明日、私んちには人がいっぱい来ます…」と触れ回るのもはばかられ…

私より確実に5歳以上は年上のしっかりしたお方。
今回のお騒がせのせいで、お隣さんと日陰でおしゃべり。お隣さんの近況も聞けて良かった~。

※ お時間あられましたら、有馬塾:日記を覗いて下さいませんか。

最近、始めたばかりですが、行く行くは嫁いで33年の熊本県八代市(やつしろし)を、ご紹介できるようになりたいと思っています。 どうぞ、よろしくお願いいたします。
[PR]

by kyoumogenki123 | 2011-07-24 23:12

炊飯タイマー   

I found the rice not cooked yet when I got up and went to the kitchen the day before yesterday. Perhaps I'd forgotten to set the timer of the rice cooker the previous night. Though it's "the previous night," I usually go to bed around one thirty in the morning. I remember washing the rice, but after that I left it and I hurried to take a bath, I suppose. Oh, no! Sleep is necessary for good health! It resulted in me putting sleep before my family's breakfast. Sorry! Now my family is only my husband. He eats anything put in front of him, and sleeps within five minutes after he closes his eyes. Anyway I had to prepare the breakfast hurriedly not to make him starve. Ta-da! The madam who has thirty-three years experience made a breakfast easily without rice. The knack of pleasing him is putting as many kinds of small dishes in front of him as I can. For instance, even kimchi is one dish. Even beens boiled in sugar is a dish. And a slice of bread that day instead of rice. However, the most important lesson is that I have to avoid forgetting things. By the way, yesterday's my son's birthday. Happy birthday, my son. I mailed him right away.

一昨日のこと、起きて台所へ行ったら、まだご飯が炊けてないのを発見。
前の晩に、炊飯器のタイマーをセットし忘れたらしい…

「前の晩」っていっても、ふだんは午前1時30分頃に就寝。
 
お米を洗ったのは覚えてますが
そのままにして、急いでお風呂に入ったんだと思います。 やっちまったね!

睡眠は健康に欠かせません!

家族の朝食より、自分の睡眠を優先する結果に。 すんまっそん!
今や家族は夫のみ。出されたものは何でも食べ、目を閉じれば5分で眠る夫です。

とにかく、その夫を飢えさせないように、急いで朝食を作らなくてはならず。

ジャーン! 33年のカミさん歴ですから、ご飯がなくても難なく朝食を作りました。
喜んでもらうコツは、なるだけ多くの小皿を夫の前に並べること。

たとえば、キムチだって1品。 煮豆だって1品というぐあい。
そして、その日はご飯の代わりに食パン。

だけど、いちばん大事な教訓は、私は物事を忘れないようにしなくてはいけないということ。

ところで、昨日は息子の誕生日でした。
息子よ、お誕生日おめでとう。 すぐにメールしました。

f0163810_1674986.jpg


お話、コロコロ変わってスミマセン。

英語ネイテイヴの方に教えてもらった"brown cow"
「茶色の牛乳」とでもいうのでしょうか。コーラと牛乳を混ぜて…

ひところは収まっていたのに、時々まだ夫がコーラを買ってくるので
私はこうやって、ブラウン・カウで飲みます。
[PR]

by kyoumogenki123 | 2011-07-13 15:02

カラオケ店経営の不思議…   

I went to karaoke the other day after a long separation. I like singing but I seldom go to karaoke. I've never been to karaoke with my friends. Though I'll see my friends both this Saturday and at the end of this month, we'll enjoy eating and talking without karaoke. So, I went with my husband the other day. Well, the karaoke shop "Santa Claus" is near my house. Whenever I see the shop sign, I always feel strange because my stereotype of "Santa Clause" is in winter. I'm sorry to tell an unlucky story, but the Santa Clause hasn't closed down yet. We went there because the place was the nearest. We enjoyed karaoke for two hours and we paid four hundred something yen with two free tickets. We could get the change from a five hundred yen coin! Even though we spent two hours there! We didn't drink anything, but you can drink as much of any drink you want for free. Whenever you go there, they give you a free ticket. So, you can go there very cheaply every time. It's one hundred ninety yen per hour for high school students! I wonder how they keep the karaoke shop. I wonder how they pay the personnel and electricity costs from the cheap charges. I wonder if the contents of the complimentary beverages are safe. The survival of this karaoke shop is one of the truly incomprehensible things for me.

先日、久しぶりにカラオケに行きました。

歌うのは好きなんですけど、めったにカラオケには行きません。
友達とは一度も行ったことないです。

今度の土曜日と今月の終わりに、友達と会うことになってますが
食べておしゃべりして、カラオケはなし。

だから、先日のカラオケは夫と。

家の近所に、「サンタクロース」っていうカラオケ店があります。
その店の看板を見るたびに、サンタクロースは冬にいるんだっていう
私の固定観念のせいで、いつも不思議な気持ち。

縁起でもない話をして悪いですが、そのサンタクロースはまだ潰れてません。
場所がいちばん近いので、そこに行きました。

2時間カラオケを楽しみ、2枚の無料券と一緒に四百何円かを払いました。
五百円玉から、お釣りがきました!

2時間もそこで過ごしたというのに!

私たちは何も飲まなかったけど、無料で好きなだけ飲み物が飲めます。

カラオケに行くたびに、無料券をくれるし。
だから、毎回とてもお安くカラオケに行けるという次第。

高校生は1時間190円!

どうやって、カラオケ店を経営してるのかしらん。
安い料金から、どうやって人件費や電気代を払ってるのかしらん。

無料サービスの飲み物の中味は、安全なのかしらん。

このカラオケ店がまだ生き残ってるのは
私にとって、なかなか理解しがたい事の1つです。

f0163810_052087.jpg


カラオケ店経営の不思議…ずっと、気になってます。

業界のことに疎いので、もしカラクリをご存知の方があれば
教えてください。

ところで、皆さんはカラオケを楽しまれますか?
[PR]

by kyoumogenki123 | 2011-07-05 23:57