<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

霧島でゲーム   

I went to Kirishima to get my legs massaged the other day. I've been there twice or three times a year since 2007. This time we stayed at a hotel. It was the second time we stayed overnight. I usually do a day trip to Kirishima, but this time I made a plan to say, thanks to my husband as chauffeur, because we had a good hot spring experience in Kirishima last year. To give the result first, the hot spring we stayed at this time wasn't good. We stayed at an another hotel last year. I believed that the quality of hot springs in Kirishima is the same everywhere. No, no. Anyway this was my fault. A hot spring that doesn't flow straight from the source isn't a real hot spring for me, though I'm sorry to be so demanding of delicate things. A real hot spring gives me release from pain. My husband also said the same thing. He said he felt a chill soon after the bath. As there are many good hot springs in Yatsushiro or near Yatsushiro, we are particular only about hot springs. However, we enjoyed playing games in the amusement section. Whack-a-mole, pachinko, and a shooting game. We were poor at them because we hadn't experienced them before. I'd like to play the whack-a-mole game again.

先日、足を施術してもらうため霧島に行きました。
2007年以来、年に2回か3回行ってます。

今回はホテルに泊まりました。1泊するのは2回目。
たいてい霧島へは日帰りですが、今回はいつもアッシー君を務めてくれる夫に
ありがとうの気持ちを込めて、私が計画。

というのも、昨年泊まった時に、霧島の温泉がよかったんですよ。

結論を先に言うと、今回私たちが泊まった温泉はよくなかった…
昨年は別のホテルに泊まりました。

霧島の泉質はどこも同じと、思いこんでたんですよねー。
間違ってました。 とにかく、私の失敗。

細かいことを要求して悪いんですけど、源泉掛け流しじゃない温泉は
私にとっては温泉じゃないんです。

本物の温泉に入ると、体の痛みが取れます。

夫も同じこと言ってました。
温泉から上がった後、すぐに体が冷えたって。

八代や八代近辺には、よい温泉がいっぱいあるので
温泉だけは、好みがうるさい…

だけど、ゲームコーナーで楽しみました。
モグラたたき、パチンコ、射撃ゲーム…

モグラたたき、またやりたいなあ~。(*^_^*)

f0163810_1221531.jpg


アラ還のおばさんに、キティちゃんはマジ似合わない…です。
最近のすずらんは、手を後ろに持って行く傾向あり。

きみまろさんが茶化す、おばさま方の姿勢です。(^^;)

f0163810_12235459.jpg


モグラたたき、楽しかったけど
ふと考えると、モグラがかわいそうになったー。ゴメンネ!!

f0163810_122784.jpg


本物のパチンコは、する気になれないなあ。
すずらんの場合、お金をどぶに捨てるようなもの。

霧島神宮にお参りして帰ってきました。
[PR]

by kyoumogenki123 | 2011-09-28 12:43

養生訓   

I put a book, "Yojokun" (Life Lessons from a Samurai), by Kaibara Ekiken (1630--1714) on the dining table. It's in Japanese. I bought it long ago and I finally brought myself to read it. I read a little whenever I sit at the table. "Yojokun" includes the two type's of Japanese writing. One is the original, ancient writing of the Edo era. The other is the translation, in modern Japanese, so I can enjoy reading both. By the way, Kaibara Ekiken was eighty three years old when he wrote the book. What a long-lived man for the Edo era about three hundred years ago! Amazingly, he didn't have any bad teeth when he was eighty three. Incidentally, his wife who was twenty-two years younger than him, died at sixty-two years old. He believed he couldn't save people from poverty but could educate them about medicine to keep them healthy. Anyway, the content of "Yojokun" isn't old and I'll live up to it. I'm sure his way is useful to become healthy.

ダイニングテーブルに貝原益軒(1630-1714)が書いた
「養生訓」を置いてます。 日本語版です。

ずっと前に買っていて、やっと読む気になりました。
テーブルに座るたびに、少し読んでます。

「養生訓」には2種類の日本語が収められていて

1つは原文である江戸時代の古文。
もう1つは現代語訳。 両方とも楽しめます。

ところで、貝原益軒はその本を書いた時、83才でした。
およそ300年前の江戸時代にしては、大変な長命!

驚いたことに、83才で虫歯が1本もなかったー!
ちなみに22才年下の奥さんは、62才で亡くなっています。

益軒先生は、庶民を貧乏から救うことはできないけれど
医を啓蒙して庶民を長生きさせることはできる、という信念を持っていました。

とにかく、「養生訓」に書いてある内容は古くないので
実践してみようと思います。

益軒先生のやり方は、健康作りにかなりイイ!

f0163810_1664625.jpg


益軒先生はおっしゃってます。

「人生は楽しむべきである。短命では全世界の富を得たところで仕方のないことだ。
財産を山のように殖やしても何の役にも立たない。
それゆえに、道に従って身体をたもって、長生きするほど大いなる幸せはないであろう。」

当時の生活を想像しながら、ちょびちょびと読んでいます。
無学な庶民向けに何回も繰り返して書いてあるので、どのページを開いてもオーケー。(*^_^*)
[PR]

by kyoumogenki123 | 2011-09-14 15:30

ニガウリ…   

I called "goya," or bitter melon, "niga-uri" when I was a kid. My mother fried it in oil and seasoned it with sweet soybean paste, but I didn't like sweet and bitter cooking. I wonder if most kids don't like bitter food. My husband's young nephew, whose father and grandfather love beer very much, likes dishes eaten with beer, but the dishes aren't bitter. From the beginning, the name "bitter melon" itself gave me a strong impression that bitter melons are very bitter. However, I learned Okinawan people called bitter melon "goya" from TV. And besides, goya cooking from Okinawa has become popular among people of all ages since Okinawan music became popular among young people. Now, "goya" is also famous as a health food, and I have a feeling that the name "goya" has supplanted "niga-uri". Look at the picture below, please. My friend gave me a lot of fresh "goya". My family enjoyed various "goya"dished: tempura, salad, hamburger stake, fried rice, and so on. Of course I cooked them myself. To be honest, I regret the name of "niga-uri" is fading away. Perhaps my kids don't know "niga-uri" even though both "niga-uri" and "goya" are the same food. So I will call it "niga-uri" from today.

私が子どもの頃は、「ゴーヤ」を「ニガウリ」と言ってました。

母はニガウリを油で炒めて、味噌で甘く調味してましたが
私は甘くて苦い料理が好きではなかった…

苦い食べ物が好きという子ども、いるのかなあ。

夫の幼い甥っ子は、彼の父と祖父が大のビール好きで
ビールのつまみの類を好みますが、そのつまみは…苦くないです。

そもそもニガウリという名前からして、ニガウリはとても苦いっていう
強烈な印象が、子ども時代の私にはありました。

そのうち、沖縄の人たちはニガウリをゴーヤと言ってるのをテレビで知り
また、沖縄の音楽が若者たちの間で評判になると、沖縄発のゴーヤ料理が年齢を問わず皆に
人気になったように思います。

今やゴーヤは健康食品としても有名で
私の中ではゴーヤという名前が、ニガウリに取って代わった感があります。

下の写真を見て下さい。
友だちが新鮮なゴーヤをたくさんくれました。

家族みんなで、いろいろなゴーヤを楽しみました。
天ぷら、サラダ、ハンバーグ、チャーハンなど。
もちろん、私が作りましたよん。

正直なところ、ニガウリという名前が消えつつあるのが残念。
ニガウリもゴーヤも同じものなのに、我が家の子どもたちはひょっとするとニガウリを知らないかも。

というわけで、今日からニガウリと言うことにします。(*^_^*)

f0163810_0193262.jpg


新鮮なニガウリ!

友人は、かつお節とちりめんじゃこの濃厚出汁で
佃煮も作ってきてくれました。

f0163810_0234074.jpg


ニガウリのほどよい苦さが、チャーハンにもグッ!
我が家には小さい子どもがいないので、子どもの口に合うかどうかは…?

ハンバーグにもたっぷりニガウリを入れました。

※ ご存知の方は多いのかもしれませんが
  私は今までポーランドが親日国ということを知らなくて…

  お時間あられましたら、覗いてみてくださいませんか。 有馬塾:日記
[PR]

by kyoumogenki123 | 2011-09-04 00:28