<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

ちょっとだけエコライフ   

Look at the pictures below. I'm sorry that I am showing you pictures of garbage, not beautiful things. Recently I have been living the eco-life, although it's not a full-dress effort. Well, first I don't throw tea leaves away; either green tea or black tea, and keep them in a small bowl. Then I put it in the fridge to remove bad odours. I don't know if it's effective or not, but the air of the fridge appears to be getting fresh. Next I dig a hole in the yard, and put vegetable skins; cucumber, carrot, potato, Japanese radish and so on. And after the tea leaves have finished their role of deodorizing the fridge are also added. As I dig a shallow hole every time I bury the garbage, I separate the fish and meat bones because I'm worried that a dog or cat might dig them up. I'll try this eco-life only during the winter. I'll plan another eco-life in spring because this way will probably produce a bad smell in my yard in warmer weather.

下の写真をごらんください。

キレイなものじゃなくて、生ゴミなんぞの写真をお見せしてスミマセン。
最近、完璧なものじゃありませんけど、エコライフやってます。

えーと、まず茶ガラを捨てません、緑茶も紅茶も。
それらを、小さな入れ物にとっておきます。

臭気を除去するために、それを冷蔵庫に入れます。

効果があるかどうかわかりませんが
心なしか、庫内の空気がさわやかになっている気がします。

f0163810_2243479.jpg


次に、庭に穴を掘り、キュウリ・人参・じゃがいも・大根などの皮を埋めます。
茶ガラは冷蔵庫の脱臭剤の役目を終えたあと、一緒に埋めます。

生ごみを埋めるそのつど浅い穴を掘るので、魚と肉の骨は別にします。
なぜかというと、犬や猫が掘り上げるのじゃないかと心配なので。

この私流エコライフは、冬の間だけするつもり。

暖かくなるとこのやり方では、ひょっとすると庭が臭くなるかも…
なので、別のエコライフを考えます。

f0163810_2331167.jpg


茶ガラは、乾燥してからのほうがいいのかもと思ったり。

ホントは正式な方法があるんですよね。
段ボールに生ごみを入れて、豊かな土に変える方法が。

そのうち、正しい方法を学ばなくては…(^^;)
[PR]

by kyoumogenki123 | 2011-11-23 22:34

異国で暮らす人たち…   

Look at the picture below. These are artificial flowers. A peony ,a lily, and roses. I made them myself. I prefer fresh flowers to artificial ones, but the flowers I made are special. I put them on the shoe cupboard at the front door at once. A young Chinese friend showed me how to make them. The materials are mainly color stockings for the petals and wire to shape them. She was born in Harbin where it's very cold in winter. I heard people make the flowers at home during the long winter, so she naturally learned how to make them from adults around her. They are very easy to make, so even I could do it. By the way, she is younger than my daughter, and she lives with her Japanese husband and a four-year-old boy. According to her, she used to be very quiet in her country; it was possible not to talk all day long. However she is very talkative now, and she speaks Japanese nonstop. When she returned to China this spring, her friends were surprised that she had turned into a talkative person after just several years, she said. If she was quiet like when she was in China, she couldn't become friends with anybody in Japan, she said, too. She is a nice, positive woman who takes good care of her family and wants to live well here in Yatsushiro. I'm interested in listening to her stories of China. I tell her everything she wants to know to live here in Japan instead.

下の写真をごらんください。造花です。牡丹とユリとバラ。
私が作りました。

f0163810_155682.jpg


造花より生花のほうが好きですが、自分で作ったものは特別。
さっそく、玄関の靴箱の上に飾りました。

若い中国人の友人が、作り方を教えてくれました。
材料は主に花びら用のカラーストッキングと、それらを作る針金です。

彼女は冬がとても寒いハルピンの生まれ。
長い冬の間に人々は家で花を作るのだそうで
だから、周りの大人たちが作るのを見て、自然に覚えたのだとか。

作るのはとても簡単、だから私にも作れましたよ。

f0163810_1627295.jpg


ところで、彼女は私の娘よりも若く、日本人のご主人・4才の坊やと暮らしています。
彼女の話によれば、彼女は母国では一日中話さなくても大丈夫というほどの
かなりの無口だったみたいで。

だけど、今はものすごくおしゃべり、ノンストップで日本語を話します。

今春、里帰りした時、わずか数年しか経っていないのに
おしゃべりに変身した彼女を見て、友人たちが驚いてたって、言ってました。

もし、彼女が中国にいた時みたいに無口なら
日本では誰とも友だちになれないだろうっても、言ってました。

彼女は家族を大切にしながら、八代でしっかり生きていこうと思っている
素敵で前向きな女性です。

私は彼女から、中国の話を聞くのが楽しい。
代わりに、彼女が日本で生活していくうえで知りたいことを、何でも話してあげてます。
[PR]

by kyoumogenki123 | 2011-11-14 15:51

玄米ご飯   

When I bought a pressure cooker thirty-two years ago, and proposed to my husband that we eat brown rice. He ate it for just a week, and he complained that he didn't want to eat such tasteless rice any more. He liked white rice very much, and ate a few helpings at each meal. So he hated to chew the brown rice many times. Even though I made the effort to buy an expensive pressure cooker in those days, I soon stopped boiling brown rice . I used it entirely for shortening the time of boiling meat, vegetables, and beans. And as such it's still a very convenient cooker. By the way, last month I proposed to my husband that we eat brown rice again. Surprisingly, he didn't reject my proposal. I wonder if he thought of keeping healthy. So we began to eat brown rice at most meals, sometimes rice with millet. However I use the rice cooker not the pressure cooker. The rice cooker I use now has the function of boiling brown rice, and besides it can boil brown rice both normally and softly. Easily and Conveniently! Now how long will we continue to eat brown rice?

32年前、圧力なべを買い、玄米ご飯を食べようって夫に提案しました。

夫は1週間だけ食べましたが
こんな不味いご飯はもう食べたくないと、不満をもらしました。

夫は白米が大好きで、食事のたびにお代わりしてました。
だから、玄米を何回も噛むなんてことは嫌だったと思います。

当時、値段の高かった圧力なべをせっかく買ったのに
まもなくして、玄米を炊くのはやめました。

もっぱら、肉や野菜や豆を煮炊きする時間を短縮するのに
使いました。

それなりに、今もなおとても便利な圧力なべ。

ところで、先月、またもや夫に、玄米ご飯を食べようって提案しました。
驚いたことに、断りませんでした。

健康維持のことを、考えたのかしらん。

そういうわけで、時々は雑穀米も食べることにして
玄米食を始めました。

だけど、圧力なべではなくて、炊飯器を使ってます。

今使っている炊飯器には、玄米炊飯機能がついており
そのうえ、ふつうにもやわらかめにも炊けます。

簡単で便利!

さてさて、我が家の玄米食、どれくらい続きますことやら?

f0163810_2343596.jpg


32年前は夫も私も若くて、玄米ご飯を悠長に噛んでる暇がなかったのも
長続きしなかった原因のひとつ…

それと、炊飯の仕上がりがイマイチだったかも。

今回は長続きしそうな予感。何しろ、健康維持がかかってます。

炊飯器も優秀です。炊き方は、「やわらかめ~」
[PR]

by kyoumogenki123 | 2011-11-08 23:15

家から出ない日…   

I'm at home all day long on Mondays as long as I don't have anything special to go out for. Recently, I made up my mind to do so, to think of my physical power. I don't want to say this, but I've been physically weak since I was in my twenties; more exactly, since I was operated on for spleen extirpation. Oh, it's been good to remember my tireless girlhood! I used to get a good tan on my skin all year around. Now? I get tired very easily. Nevertheless, being active more than real physical power is my vice. So I stayed home quietly this Monday(yesterday) drying futons and blankets and so on outside. By the way, several friends and acquaintances of mine came to Mr. Nishanta's speech the other day. I called and asked them to go to the speech. As I was working as the receptionist that day, I enjoyed talking with them there, and I promised some people to meet again and eat together in the near future. And I also happened to meet two women after an interval of about twenty years. I thought heartily how fast time passes.

よほどの用事がない限り、月曜日は一日中家にいます。
最近、自分の体力を考えてそう決めました。

あまり言いたくないけど、20代のころから体弱いです。
もっと正確に言うと、脾臓摘出してから。

おお、疲れを知らなかった少女の頃がなつかしい!
年中、小麦色に焼けてましたっけ。

今ですか? いともたやすく疲れます。

なのに、実際の体力以上に動いてしまうのが、私の悪い癖。
というわけで、今週の月曜日(昨日)は布団や毛布なんかを干しながら
家で静かにしてました。

ところで、先日のにしゃんた氏の講演には、友人、知人が何人も来てくれました。
講演に来て下さいねって、電話でお誘いしたんです。

その日、私は受付係をやってましたので
来て下さった皆さんと、おしゃべりできて楽しかったです。
そのうちの何人かとは、近いうちにお食事しましょうって約束しました。

また、思いがけなくお二人の女性と、およそ20年ぶりに再会。

月日のたつのは速いもんだなあと、しみじみ…

f0163810_16185797.jpg


北京語を話すYさん。
私の娘より若くて、私は彼女の日本の母さん。
「あれ、髪染めたの?」って聞いたら「はい、今日はキレイにしてきました・・・」って。

頑張り屋さんで、日本語検定1級に合格してます。

f0163810_16254751.jpg


子どものころ、ロシア娘?って言われたとか。
肌が透きとおるように白い、モンゴル衣装を着たKさん。

5年ぶりに里帰りしたら、日本の食事が恋しくて仕方なかったって…
お舅、お姑さんが、Kさんにとても優しくしてくださいます。
[PR]

by kyoumogenki123 | 2011-11-01 15:53