<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

良いお年をお迎えください   

It was my last workday of the year today.
I was going to clean windows in the afternoon, but changed my plan because of unfortunate rain. I took a rest for a short time while reading a newspaper. I made a rolled omelet with hanpen (a cake of ground fish combined with starch and steamed). I put four eggs, a hanpen and seasonings in the plastic bag. I rubbed this by hand and boiled it in a pot. A delicious rolled omelet was made, but only my husband and I ate this as a trial cooking because the appearance was not good. I boiled taro, burdocks, carrots and "abura-age" with soy sauce and suger. Taro didn't boil over at all because I used "abura-age" with it. I soaked "kintoki-mame" into water overnight and will boil them tomorrow. By the way, I made an interesting error. I mistook a flour bag for a pancake mix bag. I found the too colorful flour bag in the storage of food. I made steamed bread with an apple and cinnamon. Just a steamed dumpling was made in the end. The fresh steamed dumpling didn't seem to taste bad for my husband. Thankfully he ate it. I have to prepare for New Year holidays tomorrow. My husband's elder sister's family, seven people will come to my house on New Year's Day. Thank you for reading my blog this year, too,everyone. I wish the New Year might be fruitful, and best year for you.

今日は、私の仕事納めの日。
午後に窓ふきをする予定でしたが、あいにくの雨で計画変更。

新聞を読んで、しばらく休憩。

はんぺんで伊達巻を作りました。
ビニール袋に卵4個とはんぺんと調味料を入れ手で揉み、鍋で茹でました。

美味しい伊達巻ができましたが、見た目が悪く、試作品として
夫と私だけで食べました。

里芋、ゴボウ、人参、油揚げで煮物を作りました。
油揚げを使ったので、里芋がふきこぼれずにすみました。

「金時豆」はひと晩水につけて、明日煮ます。

ところで、おもしろい間違いをしました。

小麦粉の袋をケーキミックスの袋と見間違い。
食料庫でカラフルな包装の小麦粉を見つけ、りんごとシナモンで蒸しパンを作りました。

結局、ただの蒸し団子ができました。
できたての蒸し団子は、夫には悪い味ではなかったようで
ありがたいことに、夫が食べてくれました。

明日は正月準備をしなくては・・・
夫の姉の家族が7人、元旦に我が家に来ます。

皆さま、今年もブログを読んで下さいましてありがとうございました。

新年が皆さまにとって実り多き最良の年になりますように。

f0163810_1103888.jpg


雨でした・・・

f0163810_1112575.jpg


ビニール袋で作る伊達巻・・・

f0163810_1121247.jpg


鍋にお湯を入れ、耐熱容器にもお湯を入れて茹でました・・・

f0163810_1132125.jpg


揉み残しのはんぺん、丸見え・・・(^^;)

f0163810_114711.jpg


油揚げのおかげで、全く噴きこぼれません・・・

f0163810_1144554.jpg


てっきり、娘が夏の帰省時に買ったホットケーキミックスと思いこみ
賞味期限が近づいていたので、あわててりんごシナモン蒸しパンを作った?のでした。
大きく「薄力小麦粉」と書いてあるのにです。 思い込みは恐ろしい・・・

来年は、失敗の少ない1年を過ごそうと思います・・・
[PR]

by kyoumogenki123 | 2012-12-30 23:58

クリスマス会   

A Japanese language support group for foreigners which I belong to held a Christmas party. There were a lot of different activities, and I cannot write them all down here. However, a Chinese woman gave a speech about wanting to become a bridge between Japan and China without forgetting the kindness that she received in Japan. And she also cooked eggs and meat. A Mongolian woman talked about New Year holidays in Mongolia. She said that children didn’t get a New Year's present, rather elderly people got one from young people. Interesting! A Nigerian man played a Nigerian drum and he cooked "Egusi soup" and "Moimoi". Two Japanese sang in beautiful voices. A Japanese primary schoolgirl who learned Chinese sang a song in Chinese. Another Japanese woman performed the panel theater "Kasa Jizo" : stone statues of Jizo with sedge-woven (bamboo) hats. A Pakistani man cooked Pakistani curry and naan. Both adults and children enjoyed the "fruit basket" game. By the way, amazingly I never lost at janken (the game of rock-paper-scissors). I became a champion! Can you believe that, everybody? The Christmas party was a lot of fun!

私が所属する外国人のための日本語支援グループが
クリスマス会をしました。

盛りだくさんの内容で 、ここに全部は書ききれません。

中国人女性は、日本で受けた親切を忘れず日本と中国の架け橋になりたいと
スピーチしました。卵と肉の料理も作ってくれました。

モンゴル人女性は、モンゴルの正月について話しました。
子どもたちがお年玉をもらうのではなく、お年寄りが若い人たちから貰うのだとか。
おもしろい!

ナイジェリア人男性は、ナイジェリアの太鼓を演奏し
「エグシスープ」と「モイモイ」を作ってくれました。

日本人女性2人は、美しい声で歌いました。
中国語を学んでいる日本の小学生の女の子は、中国語で歌を歌いました。

別の日本人女性は、「かさじぞう」のパネルシアターをしました。
パキスタン男性は、パキスタンのカレーとナンを作ってくれました。

大人も子どもも、「フルーツバスケット」ゲームを楽しみました。

ところで、驚いたことに、私はじゃんけん勝ち抜きで負け知らず。
優勝しました!  皆さん、信じられますか?

クリスマス会、面白かった!

f0163810_2243249.jpg


                  本の読み聞かせ歴、ウン十年のSさん。

f0163810_22433396.jpg


       私は全身子どもになって聴き入っていたので
       撮影のチャンスを失してしまいました・・・

f0163810_2244786.jpg


                  大きなナンを30枚焼いてくれたGさん。
                  お味はベリーグッ。 

60代の日本男性が、パウンドケーキを焼いてくれて
ベリベリグッなお味で、感心しました。

私は主催者側の一員として、受付係や雑用係でしたが
皆で協力すれば、こんな楽しいクリスマス会ができるんだ!って思いました。
[PR]

by kyoumogenki123 | 2012-12-24 22:45

お茶のお稽古   

My friend invited to practice tea ceremony with her again. She practiced it when she was young, and I gave it up six years ago because of my hip joint problem. My friend also suggested that we enjoy tea ceremony without being too strict about it. She said her friend would give us the lesson with her mother-in-law. Her friend is also my acquaintance. She is a very friendly person. So, I answered,"Yes!" My acquaintance's mother-in-law was interesting for me, too. She is 98 years old, and she lives by herself. Her son and daughter-in-law (my acquaintance) live near her: it takes five minutes by bicycle. After she quit her job in her fifties, she started to learn tea ceremony. She continued to learn it until she was 92 years old, my acquaintance said. She is certainly a walking encyclopedia about tea ceremony. She advised us fluently and considerately. My acquaintance advised me kindly, too. Thank you so much for inviting me, my friend. That's why I started to practice tea ceremony once a month. Everybody agreed on the frequency so as not to overburden themselves.

友人が、お茶のお稽古をまた一緒にしようって誘ってくれました。
彼女は若い時お稽古しており、私は股関節の問題を抱え、6年前に止めたのでした。

友人は厳しくお稽古するのじゃなくて、茶の湯を楽しもうとも提案。
彼女の友人が、お姑さんと一緒に教えてくれるとのこと。

彼女の友人というのは、私の知人でもあります。とても親しみやすい人。
だから、「はい!」と答えました。 知人のお姑さんにも惹かれました。

98歳で、独り暮らしなさってます。
息子さんとお嫁さん(私の知人)は、自転車で5分の近所に住んでいます。
お姑さんは50代で退職した後、お茶を始められたようでした。
知人曰く、92歳までお稽古なさっておられたようです。

お茶に関しては、まさしく生き字引。流暢かつ思いやり深く
私たちに助言していただきました。知人にも、優しく助言してもらいました。

友よ、私を誘ってくれてありがとう。

そういうわけで月に1回、お茶のお稽古を始めました。
負担にならないように月1回にしようねって、皆の意見が一致しました。

f0163810_23443250.jpg


私の必需品、ミニ椅子。

足の悪い私を誘ってくれた友人に感謝。
受け入れてくれた知人に感謝。

「お茶のお手前の上手、下手は関係ありません。
おもてなしの気持ちが大事です。」と話して下さる、知人のお姑さんに感謝。

自分のことより、人のことを思いやる会話をなさる98歳に
正直、驚いています。私の足も労わって下さって。

この出会いは、私にもっと人生を学べというサインかもしれません。
[PR]

by kyoumogenki123 | 2012-12-20 23:46

どくだみ茶   

When I ate oily food in my youth, I often had pimples on my face. As I got older, I didn't get pimples even though I ate oily food. However, I noticed a red pimple on my abdomen the other day. Come to think of it, I ate too much oily food carelessly. As people can't see the pimple under my clothes, I intended to leave it alone at first. But I reconsidered it couldn't be good for me to have a pimple on my body. So I decided to boil and drink "dokudami", chameleon plant (houttuynia cordata). When I had a furuncle in my childhood, my mother heated and crushed the leaves of "dokudami", and she treated me with it. I bought tea-bag type "dokudami" at once so that I could boil it easily. I also took care in choosing what was safe for my body. Therefore, I bought dokudami which was described on the box as being chemical-free, and was slightly more expensive, but it cannot help other than believe the maker's statement. By the way, the pimple began to disappear in two days. Banzai!

若い頃、油っこいものを食べると、顔によくニキビができてました。
年取ってくるにつれ、油っこいものを食べてもニキビができなくなりました。

ところが、先日、腹部に赤いニキビを発見。
考えてみると、油断して油っこいものを食べ過ぎてたと思います。

衣服の下のニキビは外からは見えないので、最初は放っておくつもりでした。
けれど、自分の体にニキビができているのは良いはずがないと思いなおしました。

そこで、ドクダミを煎じて飲むことにしました。子どもの頃、根太(ねぶと)ができると
母がドクダミの葉を煮溶かし、それを根太につけて、治してくれました。

煎じやすいように、早速ティーバッグタイプのドクダミを買いました。
体に安全なものを選ぶことにも、気をつけました。

だから、箱に農薬不使用と書いてあって、少し値段が高めのドクダミを買いましたが
メーカーの説明を信じるよりほか仕方ありません。

ところで、ニキビは2日で消え始めました。ばんざい!

f0163810_2216083.jpg


庭にドクダミが生えるというのに
ドクダミ茶は買って飲むなんて不経済です、が…手軽です。

ニキビが消えたあとも、引き続き飲んでます。
お肌がキレイになればいいけど・・・
[PR]

by kyoumogenki123 | 2012-12-16 22:17

エコ加湿器   

I bought a humidifier which was a free power supply. It is a natural vaporization-type humidifier. It's very simple to use. You pour some water into your favorite glass and only put a special processing filter in it.The quantity of evaporation of the water of this product seems to be about 10 times that of natural evaporation of the glass. It is written in the manual that you can use it in your living room, office or bedroom. I put it on my PC table. I don't know yet whether it's effective or not. However, it was 998 yen and made in Japan. The inexpensiveness and local make were attractive to me.

電源不要の加湿器を買いました。
自然気化式の加湿器。

使い方はとても簡単。 好みのコップに水を注いで
その中に特殊加工したフィルターを入れるだけ。

この製品の水の蒸発量は、コップ一杯の自然蒸発量のおよそ10倍だとか。
マニュアルには、リビングやオフィスや寝室でお使い下さいと書いてあります。

私は、パソコンを使うテーブルに置きました。
効果のほどは、まだわかりません。

けれど、998円で日本製。
費用がかからなかったことと国産ということが、私には魅力。

f0163810_15321718.jpg


このエコ加湿器、使いやすいです。

ルパン三世が、お気に入りのコップというわけではなく
このコップは誰にも使われないまま、食器棚の奥にあったので・・・
[PR]

by kyoumogenki123 | 2012-12-10 15:33

大蔵流茂山狂言   

I went to the theater to see "Kyogen," "a Noh comedy." last Sunday. There was a commentary that children can understand easily and there were two performances enjoyable to families. A hungry "Yamabushi" Buddhist monk stole a persimmon and ate it, and just then the field's owner came. Like this, the classic Noh comedy "Kaki-yamabushi" started. Next, the latest Noh comedy "the ramen Chushingura" parodying the "Revenge of the Ako lordless samurai" was a fantastic story, a "menma," sungan (Chinese bamboo), an the ingredient of the ramen, stormed against the pork bone broth so as to wreak a grudge of "chashu," slices of the roast pork, with "moyashi," bean sprouts of its junior. The actors' movements were funny, and their expressions were varied, so the hall was often filled with a lot of laughter. I'm interested in the special elocution of the Noh comedy. If the library in my city has the book of "Kaki-yamabushi," I'll borrow it. And I 'd like to imitate the elocution at once. It's me like a child. Ahem!

この間の日曜日、狂言を観に行きました。

子どもたちにわかりやすい解説と、家族で楽しめる演目が2つ。

お腹の空いた「山伏」が柿を盗み食いしているまさにその時
畑の持ち主がやってきて・・・こんな感じで古典狂言「柿山伏」は始まりました。

次に、新作狂言「ラーメン忠臣蔵」は
赤穂浪士のかたき討ちパロデイ版で、奇想天外のお話。

ラーメンの具の「メンマ」が「チャーシュー」の恨みを晴らすべく
後輩の「もやし」と一緒に、「豚骨スープ」に殴り込みをかけるお話でした。

演者の動きが滑稽で、表情豊かで、会場内はしばしば笑いに包まれました。
私は、狂言独特の発声法に興味津々。

もし、市立図書館に「柿山伏」があれば、借りよう。
さっそく真似してみたいなあ。

子どもみたいな私です。 えへん!

f0163810_1522591.jpg


実際の舞台では、「もやし」が「ねぎ」に代わってました・・・

野村狂言も観たことあります。
素晴らしかったです。

「大蔵流茂山狂言」、素晴らしかった!

当地の小学6年生の国語の教科書に、「柿山伏」は、載ってます。
生の舞台を、全員に観せてやりたいなあ。
[PR]

by kyoumogenki123 | 2012-12-05 15:24

里芋は・・・   

I got Japanese yams and taro from the gardener of an acquaintance. While he is a gardener by trade, he seems to do organic farming of vegetables at home. I made miso soup with taro at once. It was popular the other day when my children returned home. My husband and I also like it. By the way, because taro boils over easily when being cooked, I make sure to rub it with salt after cutting. In addition, I have also tried to boil taro with sweet potato so as not to boil over. However, I tried a new way which my acquaintance told me about this time. The secret is boiling the taro with "abura-age," deep-fried bean curd. I just boiled sliced taro and carrots and "abura-age" without rubbing the taro with salt. Ta-da! It didn't boil over at all. Not at all! I was surprised at that. What an easy way to cook! I'll cook taro and "abura-age" boiled and seasoned with soy sauce and sugar next time. Yoo-hoo! I can save more time because of the new way.

知り合いの植木屋さんから、山芋と里芋をもらいました。
造園業の傍ら、自宅で野菜の有機農業をやっておられるようでして。

私はさっそく、里芋で味噌汁を作りました。
先日、子どもたちが帰省した時、里芋のみそ汁は大人気。夫も私も大好物。

ところで、里芋は調理時に吹きこぼれやすいので
切った後、私は必ず里芋を塩揉みします。

吹きこぼれないようにするため、さつまいもと一緒に煮たこともあります。

けれど、今回、知人が教えてくれた新しい方法を試してみました。
コツは、油揚げと一緒に煮ること。

塩揉みもせず、切った里芋と人参を油揚げと一緒に煮ただけ。
ジャーン! 全く吹きこぼれませんでした。 全く!!

驚きました。 なんとも簡単な調理法!
次は里芋と油揚げで、お煮しめを作ります。

ヤッホー!
新しいやり方のおかげで、大いに時間節約ができます。

f0163810_16342049.jpg


私はお料理の情報雑誌を読まないので
30数年前の知識そのまま、里芋と油揚げの関係を今まで知ることなく。(^^;)
知らなかったのは、私だけかも・・・

有機農業の里芋のせい?おかげ?
里芋の皮をむいた時、久々に手首が痒くなりました。 おお、懐かしい痒み。

f0163810_16351842.jpg


知り合いの農家さんから、トマトをもらいました。
写真のトマトは、何度も食卓に上った残り。

八代のトマトは美味しいです。

洗って皿にのせて、レンジでチン。 
冬は、温かいトマトを食べます。

※ 里芋と油揚げのお煮しめ、里芋のねっとり感のおかげで最高でした。
[PR]

by kyoumogenki123 | 2012-12-01 16:33