<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

すぐやる課:夏の家事   

When the establishing of "Suguyaru Ka: Do-it-now Section" became news several years ago, citizens were dissatisfied with the service by city hall or town hall employees. The issues which citizens asked for have come to be solved quickly since the "Do-it-now Section" was established, I suppose. By the way, I wash the dishes as soon as we finish meals especially during summer. It is the housework version of the "Do-it-now Section". Nobody in my family complains even if I do not finish the housework, but I myself am comfortable when I quickly finish the housework. Now, the well-water at home is very, very cold. Even the water tap is cold as if it is freezing. I dry things including futon, Japanese cushions, slippers, shoes and so on outside under the flaming sun. After that I do housework inside using cold water. What a happy summer life I am spending!

「すぐやる課」設置が、数年前ニュースになったとき
住民は市役所や町役場職員の仕事ぶりが不満でした。

「すぐやる課」設置以来、住民が要求した問題は
すぐに解決されるようになったと思います。

ところで、我が家では特に夏の間は食事が終わるとすぐに
皿を洗います。「すぐやる課」の家事版です。

たとえ私が家事を終えなくても、家族の誰も文句を言いませんが
手早く家事を片付けると、私自身が気持ちいい・・・

今、我が家の井戸水はものすごく冷たいです。
水道の蛇口でさえ、凍っているかのように冷たい・・・

炎天のもとで、布団や座布団やスリッパ、靴などを外に干します。
その後、家の中で冷たい水を使って家事をします。

何て楽しい夏の暮らし!

f0163810_11352516.jpg



※ この日記、実は6日前の日曜日に書いたもの。
  アップする時間がなくてそのままにしていたら、昨日より雨もよう。

  東日本では水被害も出ているようす。お見舞い申し上げます。


  おまけに歯痛です。
  「夏だぜ!」の先週がよかったな・・・




  
[PR]

by kyoumogenki123 | 2013-07-27 16:11

なないろパン工房    

One of my former students works at a local bakery, "Nanairopan Kobo," which was established for disabled people. They learn how to make bread from a professional bakery and work there. "Nanairopan Kobo" is in an area far from downtown, so the bread is sold from a mobile shop. She delivers bread to customers by car. I have been buying bread from her since I learned how she has been working. When I order by email the night before, she delivers bread to my house the next day on her way back home. Her house is not so far from mine. Her elder sister and brother were my former students. Her elder sister has three children, and sends me a New Year card every year in which her family members' photo is printed. Anyway the bread is delicious and safe, so I order from her whenever I need a gift to take to a friend. I like giving gifts to my friends which have a story better than gifts with no story. That's why I recently took Nanairopan Kobo's bread to a friend

卒塾生の1人が、障害者の人たちのために作られた地元のパン屋
「なないろパン工房」で働いています。

障害者の人たちが、プロのパン職人さんからパンの作り方を習い
そこで働いています。

「なないろパン工房」は町から離れた所にあるので
パンは車での移動販売。

卒塾生は車でお得意さんに、パンを配達しています。
彼女の近況を知ってからずっと、私は彼女からパンを購入。

前日の夜にメールで注文すると、翌日、帰宅途中に我が家に届けてくれます。
彼女の家は、我が家からそんなに遠くありません。

彼女のお姉ちゃんもお兄ちゃんも、卒塾生。

お姉ちゃんには3人の子どもがいて
毎年、家族写真付きの年賀状をくれます。

なないろ工房のパンはおいしくて安全なので
友だちにお土産をもっていく時はいつも、彼女に注文。 

語る話のないプレゼントより
語る話のあるプレゼントを贈るのが好き。

そういうわけで、つい先ごろ
なないろ工房のパンを、友だちに持っていきました。

f0163810_233897.jpg

[PR]

by kyoumogenki123 | 2013-07-20 23:04

墓花   

I cleaned our grave and changed the withered sakaki tree leaves for fresh ones under the flaming sun yesterday. I usually put fresh sakaki tree leaves on the grave once a month, but in summer they quickly wither. The sakaki tree leaves I put in two weeks ago were becoming brown. I was all in a sweat. I do not like the graveyard at night, but I do not dislike it in the daytime. I was standing there alone. My husband was not at home because he took part in the memorial service for his aunt's husband. I continued to pray while incense sticks were burning. I suppose it took at least two minutes. I always have many things to pray about, so I do not care how many minutes pass. However, my husband joked with me and said that passers-by might have misunderstood me as a bad person who needed to confess myself a lot to our ancestors. I felt refreshed when I saw the green sakaki tree leaves I put on the grave.

昨日の炎天下、我が家の墓掃除をして、枯れた榊を
新しい榊に替えました。

ふだんはひと月に一度、新しい榊をお墓に供えますが
夏はすぐに枯れてしまいます。

2週間前に供えた榊は、茶色になっていました。
私は全身汗だく。

夜の墓地は好きじゃないですが、昼間の墓地は嫌いじゃないです。
1人で墓地に立っていました。 夫は叔母の夫の法事に出かけて、留守。

線香が燃えている間ずっと、私は拝んでいました。
少なくとも、2分はかかったかも。

いつも拝むことがたくさんあるので、何分過ぎようが気になりません。

けれど、夫が私を茶化して言うには
通りがかった人たちは、私が悪いことをしてご先祖さまに
たくさん懺悔する必要があったんだと誤解したかもしれないよ、って。

お墓に供えた緑の榊を見て、私は元気になりました。

f0163810_2174383.jpg


近所のお店に、墓花として売られています。

f0163810_2174270.jpg


我が家にも植えてはあるけれど、1か月に1~2度のペースに
枝葉の再生が間に合いません。

お墓で気持ちが安らぐなんて
嫁いだ当初は思ってもみなかったこと。

墓守が似合う年齢になりました。
[PR]

by kyoumogenki123 | 2013-07-15 21:08

梅雨明け   

According to the newspaper, the Fukuoka district meteorological observatory announced that in the northern area of Kyushu, including Kumamoto prefecture, the rainy season ended in the morning on July 8. That is eleven days earlier than usual and fifteen days earlier than last year. It also said the power of the Pacific high pressure area will become strong, and there would be clear weather for a week. The Kumamoto district meteorological observatory also announced that the rainfall from May 27 to July 7 in Kumamoto prefecture was 65%~89% less than usual and not so much rain fell this rainy season. By the way, I am glad to not to be washed away by a flood, but I am afraid of the lack of water in high summer. In Kumamoto prefecture recently at least twenty three people were transported in a emergency to hospitals in one day because of heat-related illnesses, said news. The hot summer has come! Take good care of yourself so as not to get a heat-related illness, everyone.

新聞報道によると、福岡管区気象台は7月8日午前
熊本県を含む九州北部が、梅雨明けしたと発表しました。

平年より11日、昨年より15日早いです。
太平洋高気圧の勢力が強まり、梅雨明け後1週間は晴天が続く見込みとのこと。

熊本地方気象台はまた、5月27日から7月7日までの降水量は
平年の65~89パーセントで、今年は雨の少ない梅雨だったと発表しました。

ところで、洪水に流されずにすみよかったけれど
真夏の水不足が心配です。

熊本県内で、少なくとも23人が熱中症の疑いで病院に救急搬送されたと
ある日のニュースで言ってました。

暑い夏がやってきました!

皆さま、どうぞ熱中症にならないよう
お大事になさってください。

f0163810_13132497.jpg


睡眠不足にならないよう、心がけてます。
用事があって友人に今朝8時半に電話をし、9時に会ってきました。

八代は今、緑の山々がとてもきれいです。
[PR]

by kyoumogenki123 | 2013-07-11 12:22

長持ちブラウス   

When I met my daughter the other day, she was astonished to see my blouse. She said I have worn the blouse since she was in the second grade of elementary school. Have I done so? Do not be astonished at such a thing, Daughter. It has been a great convenience to keep it. In fact, I have worn it since before she was born. Especially, it is convenient in summer to block out the sun and the coldness of the air conditioner. The blouse made from Tetron is also useful to carry because it is light and hard to wrinkle. So I used to put it in my bag whenever I traveled. My long- lasting blouse! By the way, my daughter laughed at the way of my wearing has never changed for a long time. The unchangeable way of my wearing the blouse? I tie the lower part of the blouse in a bow without buttoning it up. This is the best way because it is too long for me. It's funny, isn't it?

先日、娘に会った時、私のブラウスを見て驚いてました。
娘が言うには、娘が小学2年生の時からずっと私はそのブラウスを着てるのだとか。

あら、そうだっけ?
娘よ、そんなことに驚かないでね。

それ持ってると、ものすごく便利。
ホントは娘が生まれる前からずっと、着てます。

太陽の熱やエアコンの冷えから体を守るのに
特に夏に便利。 軽くてシワになりにくく、テトロン製のブラウスは
持ち運びにも便利です。

旅行する時はいつも、バッグに入れてたモンです。
なんて長持ちするんだろ、私のブラウス。

ところで、娘は私のブラウスの着方が全く変わってないって
笑ってました。 ブラウスの着方が変わってない?

ボタンを留めずに、ブラウスの下のほうで蝶々結び。
私にはちょっと長すぎるブラウスなんで、これがいちばん着やすい・・・

おかしいかな?

f0163810_2283221.jpg


汚れも目立たないので、夏に重宝してます。
[PR]

by kyoumogenki123 | 2013-07-07 22:09

ピアノ   

I take piano lesson twice a month. And, I have been suffering from practicing the "Burgmuller 25 etudes". Especially the eighth etude " La gracieuse" was hard for me. Though I could play it slowly, as soon as I changed the speed just a little, I became a bad player. Oh,no! I was sad to look at my fingers which did not work smoothly. My piano teacher is very nice and praises me every time so as not to discourage me. However, the tenth etude "Tendre fleur " which I am practicing now is comparatively easy for me. The fingers of both my hands work well. Too good to be true! Happiness and sadness come to my heart alternately. Rightly or wrongly, my blood circulates through the body hard during twenty or thirty minutes a day. When our domestic condition changes sooner or later, I will not have time to play the piano. Until then, I am going to enjoy practicing. Phew!

ひと月に2回、ピアノレッスン受けてます。
で、「ブルグミュラー 25の練習曲」の練習に、苦しんでいます。

特に8番目の「優しく美しく」は、私には難しかった・・・
ゆっくりには弾けても、ちょっと速さを変えただけでうまく弾けず。

困った、困った!なめらかに動かない自分の指を見て、悲しいのなんの。
先生はとても優しい方で、私がガッカリしないよう毎回褒めて下さいました。

ところが、今練習している10番目の「やさしい花」は、私には比較的簡単。
両手の指がうまく動きます。 嘘みたいです!

喜んだり悲しんだりの気持ちを、交互に味わうことに。
いずれにしても、私の血液は1日20~30分、激しく身体じゅうを駆け巡ります。

遅かれ早かれ家庭の事情が変われば
私はピアノを弾いてるどころではありません。

それまで、楽しんで練習しようと思います。ふう~。(^^;)

f0163810_2343439.jpg


年齢のわりには指がよく動くそうです。
お世辞です。

「優しく美しく」と格闘している?とき
この時間を他に使った方がいいのではないかと、思ったりもしました。

家庭の事情が許す間のピアノ練習。
もうちょっと、続けてみます。
[PR]

by kyoumogenki123 | 2013-07-03 00:01